最終公演。
ダイヤ今夜は星空が奇麗ですダイヤ

凍えそうなほど寒~いですが、やはり星の輝きは冬が抜群ですね。

そして「オリオン座」「冬の大三角形」ダイアモンドのような「シリウス」と見つけやすいものが多い。

下の画像は、1月1日0時とほぼ同じです。

年越しにお参りに行かれるような方がいらっしゃったら、ぜひ見上げてみて下さい星




上ニコン、星空案内から。


ダイヤさて、今夜は広島神楽定期公演ダイヤ

38回目、今年の最終公演となりました。

山王神楽団の皆さんの登場で、最終演目は会場の皆さんとの触れ合いが多かった八岐大蛇でした。

今日が神楽納めという方は賑々しい締めくくりになりましたね。

又、幕間で田坂慎吾団長がお客様に『今年38回全て来られた方は?』と問いかけをされ、今年は8人の方がパーフェクト来場でしたぎょ

又、半数近くお越しいただいた方も、私が想像していたよりも実際にはかなりいらっしゃって、多くの方の“水曜神楽”を実感致しました。

3か月はあっという間ですよ。

4月桜のころに、県民文化センターでお逢いしましょうね四葉




上玄関前のデモンストレーション。
大蛇の後ろでは、冬休みの子供たちが、奏楽の体験をしています。



ダイヤではでは今日からはダイヤ

秋の始まりに開催された「第41回 湯来町神楽共演大会」をご紹介してまいります。

今年掲載できる最後の公演になりますね、きっと。


昨年の40回記念大会から、気持ち新た。

地元・湯来町でこの大会が続けられる意義を皆さんで分かち合い、コツコツと準備を進められる手作りの舞台、あたたかみのある共演大会です。

1年1年を積み重ねていく中、多くのご苦労も聞こえてきますが。

地元の方の楽しそうなお顔、又、他地域からの多くのお客様の姿が、主催・神楽団の皆さんを支えておられるようです。

これからも永きに渡ってこの共演大会が続いていくよう、願いを込めてご紹介させて頂きます。


~第一幕 大森神楽団 四方祓~

今年の当番、大森神楽団の皆さんの四方祓。

神楽を始めるにあたって最初に舞われる重要な儀式舞、この舞をつとめることは本当に誉れだと思います。

ひとつひとつの所作に舞台が清められ、集まった皆さんは心静かに神々のご降臨を感じる、素晴らしい!ひとときです。


大神:陣 星輝さん、小神:佐上友貴さん。

大太鼓:原 幸一さん、小太鼓:菊川勇樹さん、
手打鉦:森泉侑子さん、笛:佐上季恵さん。












続いていきまうすねずみ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.264012秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3296527