待っていました。


上「名古屋コーチン物語」というお饅頭を頂きました。
顔の作り簡略化し過ぎじゃないですか?にひひ
味は、ほぼ「ひよ子」



ダイヤクリスマスに向かう週ですね・・ダイヤ

クリスマス、苦手です。

あのキラキラしたところがっ。

若い頃からろくな思い出ないし。

(―ε―)イジイジ

とりあえず、ケーキだけは予約しましたけど星


ダイヤでは続きましてダイヤ

広島神楽定期公演「広島・島根交流特別公演」。

今夜は会場を騒然とさせた、虎さん登場です。




上ダイナミックに会場を渡り歩く虎音符


~第三幕 長澤神楽社中 加藤清正~

皆様ご存知のように神楽で伝える加藤清正の武勇伝です。

明治の終わりから昭和の初めごろ、日蓮宗のお寺からの依頼で創作されたこの演目は、80年を大きく経ていまだ新鮮!現代に人気を博します。

定期公演の舞台で舞って頂く日が来るとは~太陽

〇あらすじ〇
関白・豊臣秀吉が肥後国の加藤清正を総大将として朝鮮に出兵された時に起こった出来事を神楽化したものです。
加藤清正は、明の大軍と交戦中、家臣が虎に襲われ士気が衰えることを恐れ、虎退治向かい、愛用の三又槍で見事大虎を退治しました。
これにより軍の士気は上がり、明の大軍と激戦の末に降伏させたという物語です。


加藤清正:永見 藍さん、随神:柳山 博さん、
臣下:大坪航平さん、虎:廣瀬 純さん、
明の大軍:川神久和さん・川神丈尚さん。

大太鼓:原田 裕さん、小太鼓:漆迫敏彦さん、
手打鉦:桐木 健さん、笛:山田章二さん。
































| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.260211秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289217