花と実。
ダイヤ今夜から明日の朝にかけてダイヤ

ふたご座流星群が極大を迎えます(明日の夜から明後日の朝も見頃)。

今年は、天候に全く恵まれず、流星群観測はほぼ全滅でした。

今夜はどうだろう・・・私は明け方観測。

今年の流星群の締めくくりに期待!




上細い月と火星木星の共演もあり。※アストロアーツHPから。


ダイヤ広島神楽定期公演亀山神楽団の皆さん続きますダイヤ

幕間のお話は平岡秀典団長です。

いつも熱心なお話を、涙と共に語ってくださいますので。

私も化粧が落ちないようこらえるのに必死ですにこっ


さて、今年も亀山神楽団の皆さんは、若手の団員さんと子供神楽への指導に心血を注がれてきました。

現在、亀山子供神楽は団員が28名いらっしゃいます。

この子供たちの心と体を健やかに育て。

将来どこの神楽団に入団しても、大切に可愛がってもらえる神楽人の基本を身に付けることを1番とされます。

それは挨拶であったり、神楽の本来のあり方であったり多岐にわたる経験と勉強です。

神楽団によって継承される神楽に違いはあっても、根本は同じ。

子供たちが大きく成長し、羽ばたいていく姿を夢として地道に積み重ねていかれます。


又、来年は大人の亀山神楽団の活動にも一層力を入れ「源頼政鵺退治~赤蔵ヶ池~」や「塵倫」を磨いてくというお話もありました。

この塵倫などの旧舞への取り組み方についても見つめなおす時期と言われ。

練習もまずは儀式舞からはじめ、神事である神楽の重要性を皆で今一度分かち合っていかれるそうです。


平岡団長、又、亀山神楽団の団員さんの背中を見ながら、逞しくなる子供たちの1年1年を楽しみにしています四葉


~第二幕 八岐大蛇~

初見でした!この度は子供神楽から3人の中学生を新たに加え、7頭の大蛇が華麗に舞いました。

本番前も、舞台裏で大蛇たちが全員で、動きの最終確認をしておられ心地よい緊張感でいっぱいでした。

お互いの呼吸に合わせ、焦らない大蛇。

大きくダイナミックなフォーメーションもお見事!


お孫さんの大町美咲ちゃんが大蛇デビューを果たした、四岐の大蛇の大町作太さんの嬉しそうでソワソワした様子も見所のひとつでしたにひひ


大太鼓:大田拓哉さん、小太鼓:岡崎雅也さん、
手打鉦:下川 葵さん、笛:東 弥洸さん。

須佐ノ男命:上駄智明さん、足名椎:森本健二さん、
手名椎:岸岡健吾さん、奇稲田姫:坂本雅己さん、
大蛇:横山誠樹さん・坂本紘秋さん・山本啓太さん・平岡秀典さん・
坂本沙弥さん・大町美咲さん・早田紫音さん。





































上滝夜叉姫の面をお借りして、平岡団長と!
息ぴったりじゃないですか~音符

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.247932秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289672