心を込めたおもてなし。
ダイヤ昨夜は広島神楽定期公演ダイヤ

大森神楽団の大盛公演にひひご来場誠にありがとうございました。

実は昨日は、朝起きたら突然声が出なくなっておりまして。

急遽、司会を住本明日香ちゃんに変わってもらいました。

不安で昨日今日と病院に行って、アレルギーというざっくりした診断と薬をもらって様子見です。

そういえば、ここ数日喉が痒かった。。。

寒くなると、色々流行って不安になること多いですね。

気をつけましょうね。

(まずは君がなっ、というお話です太陽

というようなことで、昨日はお手伝いしながら写真を撮らせてもらっていますので、改めてご紹介しますね四葉



上住本明日香ちゃん(ありがとうねにこっ)&会場を善兵衛色に染め上げた、加藤塁さん。


ダイヤさて!週末には雪の予報もちらちらする中ダイヤ

振り返ると、今年の秋は何だか忙しく過ぎて。

浜田に帰る事ままならず、西村八幡さんの秋奉納にも行けずでした。

私にとって石見のお囃子は、深呼吸のようなものです。。。

そこで、今夜は一息。

夏に伺った、三宮神社・亀山社中の皆さんをご紹介します星


この日は日曜日で、通常の週末定期公演とは異なるもので。

お迎えするのは旅行会社の方々、その関係者の方等、およそ10名でした。

浜田の温泉と美味しい食事を楽しみ、夜は神楽を満喫する。

この素晴らしく贅沢な時間を、まずは旅行関係の方に体感してもらうという試みです。




ダイヤやはり儀式舞から見て頂きたいですね。ひとつひとつ丁寧な解説もされて、皆さん“なるほど”と頷きながら鑑賞。


全国各地からのツアーの中に、三宮神社での公演を組み込んでもらう他にも。

別個に昼間の公演依頼などがあります。

又、数年前から始まった「石見神楽出張公演(石見全域)」も、60件もの依頼がある年もあるそうです。

(石見神楽出張上演について詳細、まるで夢のようだ音符下
http://www.all-iwami.com/modules/news/index.php?action=Article&article_id=1833

受け入れ側の臨機応変な体制作りも必要となりますが。

三宮神社の協力や、社中・保存会の理解、又、「浜田社中」と呼ばれる社中間を超えた構成の存在も大きく、官民一体となって取り組まれています。

来年、3年後、5年後・・・故郷の活力を見出す“尽力”の舞台を拝見致しました。


~第一幕 塩祓い~

この夜は三演目でしたが。

奉納を感じて頂くために、大切な儀式舞から始められるのは石見らしい、又、亀山社中の皆さんらしいな~と思いました。









~第二幕 天神~

全く風の無い、蒸し暑い三宮さんの境内で。

石見の刀舞に起こる風を感じて頂きました。

石見神楽の中に蘇る、学問の神様・菅原道真を、旅行会社の皆さんはどんな風にご覧になったか、お話を聞いてみたかったです。



















次回は大蛇。やっぱ大蛇~love
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.24562秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3288024