仕上げは須佐さん。



ダイヤこれまで何気なく見ていた鳥もダイヤ

写真を撮ってみると、こんなに奇麗だったのかと感心することがあります。

キジバト(ヤマバト)。

「デデッポッポー」とよく聞くあの声の正体。

ドバトみたいに愛嬌はないけど、いつも身近にいる鳩です。

目元の明るいオレンジに、首には黒白マフラー、赤褐色に縁どられた鱗模様の美しい羽。

とてもお洒落さんですね。

目立つように見えて保護色、というのも“イキ”でありますな~にこっ






ダイヤ広島神楽定期公演・苅屋形神楽団の皆さん後半ですダイヤ

幕間に登場されたのは、槇原伸二団長です。

塵輪の余韻が残る舞台に、更に続いたお客様の喝采と声援に『舞子のお陰です!』お礼と共に繰り返されました。


又この日は、苅屋形の皆さんは1年の舞い納めでした。

『苅屋形地区は現在は16戸しかない、小さい集落です。今年も皆で力を合わせて何とか1年を頑張ってきました。』

少数精鋭に磨きをかけてというお話も印象的でした。


さて、冬支度の芸北雪

街中とは違う、冬の芸北の景色は。。。

雪でガラスが割れないよう、家の周りに「雪囲い」というものを建て付けたり。

信号機が縦だったり(横だと雪の重みで信号機が折れるから)。

感心し、想像しながら聞いていましたが、一番驚いたのは“芸北には信号機が三か所しかない”というお話で。

そのうちの一つは点滅信号だということです。

そう言われれば、そうかもにひひ

この冬も、ウィンタースポーツのお客さんで賑わうと良いですね!!




上大太鼓:酒井敏治さんの歌で世界が変わる。鳥肌。


~第二幕 八岐大蛇~

いつもは4頭で舞うことが多いそうですが。

『ここは舞台が大きいから、仕方なく8頭です。』と、槇原団長がおっしゃった・・・

正直者~にかっ


私が苅屋形の大蛇を初めて拝見したのは近所の神社での奉納。

大蛇のあまりにも素早い動きに釘付けになり、夢中になって、それからすぐ祇園公民館で練習する皆さんに逢いに伺ったのです。

懐かしい。

一緒に年を重ねていける喜びを感じる定期公演でした。


大太鼓:酒井敏治さん、小太鼓:谷本庸子さん、
手打鉦:河野和夫さん、笛:佐藤福公さん。

須佐之男命:酒井裕二さん、足名椎:酒井忠典さん、
手名椎:山根嘉治さん、櫛名田姫:山崎千絵さん、
大蛇:槇原伸二さん・佐田治信さん・酒井拓也さん・槇原和弘さん・
高田 治さん・小川康貴さん・佐田 貴さん・槇原一気さん。










上じいちゃんばあちゃんが用意した八塩折りの酒に、最後の仕上げを。『何だろう、しびれ薬みたいなものかねぇ?』というお話でした。




























上櫛名田姫の面をかぶらせてもらいました。
よく見かける親子写真の仕上がり。超!ナチュラル音符
お顔見えませんが、足名椎の酒井忠典さん、手名椎の山根嘉治さん、最後までありがとうございました四葉



明日・15日(水)の広島神楽定期公演は

大森神楽団の皆さんです。

「土蜘蛛」と「戻り橋」。

楽しみにお越しください四葉

18時開場、19時開演

広島県民文化センター(082)245-2311
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.256924秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3298284