ぴりっ。
ダイヤ神楽の杜でご紹介中ダイヤ

広島出身のイラストレーター、みしまゆかりさんが広島神楽の鑑賞レポートを漫画にされています。

漫画で描かれる神楽、迫力あります!

又、広島の神楽の“今”を書いておられ、舞台裏の会話も伝わってきますよ。

ぜひ読んでみてくださいにこっ

色んな方にご来場頂いているんですね。。。


こちらからどうぞ~下

http://www.npo-kagura.jp/first-kagura.html



ダイヤ今日10月5日はダイヤ

四岐の大蛇の大町作太さんの69回目のお誕生日。

昨日、スタッフみんなでお祝いしました。

いつも、いろいろいろいろ・・・本当にありがとう大町さん!

Happy Birthday 良いこといっぱいの1年になりますように四葉



上すぐにウルウルしちゃう~にひひ



ダイヤそれでは早速、昨夜の広島神楽定期公演ダイヤ

鈴張神楽団の皆さんをご紹介します。

こちらはテレビ新広島の取材が入り、10月10日(火)の広島満点ママでの放送予定です。


さて、土蜘蛛と枡屋お蓮の2演目。

恨みつらみに染まる鬼女たちに、震える公演となりました。

これに賑やかな撮影会を加えて・・・今回の竹ちゃん率は70~80%ですにかっ


~第一幕 土蜘蛛~

入学式の校長先生の挨拶みたいですが・・・「ひとりひとりの輝きが全体を照らす。」そんな土蜘蛛だったのです。

その気迫にやられた!って感じです。

又、胡蝶を舞う竹迫正棋さんが操る扇は、侍女から鬼女へと変わる姿と心情を繊細に表現し、うっとりです。

採物って、ただの小道具ではありませんね。


ところで、大太鼓の橋原慎也さんが、合戦の際の奏楽の勢いのことを『〇〇〇〇』と昔からの例えでお話してくださったのですが。

とても面白くて、子供さんも好きそうな例えですが、ちょっとここでは・・・。

良い子のみんなは、メリハリある合戦のコツを直接、橋原さんに聞いてみてねっ星


大太鼓:橋原慎也さん、小太鼓;小田徹也さん(あさひが丘神楽団・協力出演)、手打鉦:沖川茉祐さん、笛:大本 彩さん。

源頼光:吉田和哉さん、卜部季武:山中数人さん、
坂田金時:石川昌士さん、胡蝶:竹迫正棋さん、
土蜘蛛の精魂:吉田和哉さん。
































| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前  2017年10月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.22749秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

2280856