盛夏の賑わい。
ダイヤ今日もメラメラですね~ダイヤ

ヤレヤレ "Q(・ω・`;) アツイアツイ

娘は、庄原で強化合宿に籠っております。

昨夜は、仲間たちと何やら盛り上がった写真をラインしてきましたが。

徐々にそんな余裕もなくなってくるでしょう。

週末、真っ黒になって帰ってくるのかな。

いや~、羨ましいほど元気ですにこっ


ダイヤ広島神楽定期公演ダイヤ

上中調子神楽団の皆さん続きます。

幕間のお話は、野崎崇団長です。

土蜘蛛の鬼を舞われたすぐ後の登場でしたが、驚くほどの早着替えで、スカッと爽やかな登場でした星

神楽団の紹介に続き、就任されて1年と3か月の、団長さんという役割への思いを伺いました。

一昨年秋、前団長・中村好博さんが亡くなり、神楽団にとって父親のような存在をなくした喪失感の中、自ずと務めることとなった大役。

『中村さんへの恩返しと、その志を受け継ぐ気持ちに尽きます。上中調子の団員はまだまだ若い、団員がある程度歳を重ねるまで、橋渡し役として精いっぱい努めたい。』

いつも中村さんに話しかけていらっしゃるのでしょう。。。


さて、もともとはご自身の子供さんがあおぞらに入団され、保護者として協力しておられた野崎さんですが。

平成22年に上中調子神楽団が立ち上がり、思いもかけず自身が神楽を舞うこととなります。

30代後半から臨んだ鬼やチャリ。

人生、何があるか分からないと笑顔で語られます。

ただ、普段の練習に、年間50も60も公演があり、家庭のことは二の次になるということで。。。

『神楽、神楽って言うけど、家の中のカミさんは誰っ?!』と、奥様からたまにあるようです。

しかし、とんちの効いたパンチですね!奥様に座布団を差し上げないとにひひ


上中調子神楽団の皆さんは、7月30日に第9回の神楽共演大会を開催・出演され、今年も神楽伝承と地域交流を多くのお客様と分かち合いました。

新しく紅葉狩も披露となり、ひとつずつ積み上げていかれる一丸の姿がありました。

8月27日(日)には、湯来ロッジで実演広島神楽団に出演されます。




上第9回あおぞら神楽共演大会から、上中調子神楽団・紅葉狩。


~第二幕 滝夜叉姫~

あおぞら、上中調子の歩みと共にある滝夜叉姫。

土蜘蛛に続いて、鬼女を舞われるのは、涌山柾さんです。

落ち着いた妖艶な舞と存在感で、神楽団を代表する舞子さんです。

鬼女を舞う喜びを『気持ちを注ぐ』難しさと楽しさがあるとお話されます。

現在23歳、神秘のベールを思わせる涌山さんですが。

小学校5年であおぞらに入団、鬼女を舞いはじめたのは先輩方からの勧めだそうですが、その魅力に虜となります。

趣味は手芸。衣装の修理や、腕抜きなどを手作り。

又、時には、好きな釣りで息抜きをされているようです。

ただ、メバルを狙って釣り糸を垂らしている時も、気が付けば口上を繰り返しているとかで、その様子を想像すると、ほっこりしますね。

メバルも『それからどうしたのっ?』と、岩陰から顔を出してくれるに違いないにかっ


大太鼓:松島大志さん、小太鼓:山本大介さん、
手打鉦:藤本晴生さん、笛:山下美貴さん。

大宅中将光圀:本田龍己さん、山城光成:佐々木歩夢さん、
五月姫(滝夜叉姫):涌山 柾さん、夜叉丸:有森翔記さん、
蜘蛛丸:中西遥希さん。





























上なんだかとても良い写真が撮れたっ音符
下段右から:野崎崇団長、涌山柾さん、滝夜叉や土蜘蛛に使用される面。
上段右:有森翔記さん、左:中西遥希さん。


| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.206874秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289222