張力。


上月齢3。これから毎日ふっくらします。

星木星が見頃です星

夜9時ごろに真南の空で一際輝き、3時ごろに沈みます。

明るさは約マイナス2.3等級なので、すぐに分かります。

7日の夕方から8日の未明にかけて、月齢11の月との接近も見られます。

GWの終わりに、夜空を見上げてみては如何でしょう?

pic_03.jpg

上5月7日 21時ごろ・東京の南の空。


ダイヤではダイヤ

先日開催された村重酒造の酒祭りから。

岩国市美和町・釜ヶ原神楽団の皆さんの「塵倫」をご紹介します。

山代狂言神楽の伝統の中に、日々コツコツと、時代に寄り添い新しい歴史を創造するガッツに溢れる皆さんです。

この度初見だった塵倫は、山代狂言神楽特有の、テンポの速い奏でと力強い舞で始まり。

幕開けから血気盛ん、生気に満ちています。



上神お二人の舞が特徴的。(私の写真ではそれが表せませんがっ汗








釜ヶ原には、もともとなかった演目「塵倫」は。

およそ10年前、三谷神楽団の塵倫を見て、その塵倫が作りだす世界観と観衆の喜ぶ様子に大きな影響を受け。

「釜ヶ原の舞で塵倫を舞いたいグー」と、団員皆さん胸が熱くなり。

独自の取材で釜ヶ原の塵倫が誕生したそうです。

物語の流れはほぼ同じながら、山代神楽で舞う塵倫は印象が全く異なり、斬新で面白味いっぱいに感じます。











実はこの日。

勇ましい口上と、荒々しい塵倫(釜ヶ原の鬼はどの鬼も気質が荒いそうです)に見惚れておりますと。

途中、ちょっとしたハプニングが起きてしまい。

どうなるのかなと思っていましたが・・・。

裏方の皆さんの冷静な判断で、何事も無いかのように舞台は流れていきました。

”万が一に備えて”“の準備と気構えが如何に大切か。

ベテランの皆さんの経験と勘は、何ものにも代え難いですね四葉


仲哀天皇:野坂 寛さん、高麻呂:山本昭宏さん、
塵倫:山本将弘さん。

大太鼓:冨来(とみき)弘志さん、小太鼓:沖 俊介さん、
手打鉦:宇津本晃一さん、笛:奥野彰太さん。












上矢で射られたタイミングで、客席へ。



上もてなしを受ける。



上大人気。



上この時間だけは緊張感を解いて、ほのぼの。



上ちゃんと、矢で射られた状態で戻ってきました。こまめにひひ







| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.241077秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3287570