キャッチボール。
ダイヤ不穏なニュースばかりで気が滅入りますがダイヤ

気が付けばGWが目の前ですね。

ご予定は如何に~?


ダイヤ先週の広島神楽定期公演ダイヤ

宮乃木神楽団、続きます。




上美しい奇稲田姫さんと運命の出逢い。


幕間のお話は、山本貴範団長です。

神楽団の紹介と合わせ、今年も50を超える公演に全力疾走であるというお話に、会場もホ~ゥと驚かれた様子でした。

『声をかけて頂くご縁を大切にしたいので、出来るだけ受けられるよう皆で努力をしてつとめさせてもらいます。』

又、その慌ただしい日々の中で、着実に力を付ける若手団員さんを頼もしく思われ。

すっかり父親のような気持ち!とも語られました。

宮乃木を築いてこられた先輩方の背中は、若い団員さんにとっては大きな大きなお手本でしょうにこっ


さて。

第一幕の紅葉狩の際、裏方としての山本さんのプロフェッショナルな動きに感動していた私ですが。

もうひとつの疑問(願望かも)“姫はもう舞われないのですか?”と何気なく質問してみたところ・・・これが・・・

『いやいやもう!やっぱり姫は、若いキレイな者がええでしょう?!』

というバトルになり。

渋め好みの私としては。

それがたまらん味わいで。

その年代の舞子さんにしか放てない魅力があるではありませんかっ?

と主張するつもりが、言い負かされてしまいましたにひひ

とにもかくにも、お客様には神楽人のもうひとつの顔、親しみやすさを土産話にして頂けたに違いありません四葉




上婆ちゃんピンチ!(母ちゃんかな?)


~第二幕 八岐大蛇~

実は!この日配られた配役表に、大蛇は4頭の表記しかありませんでした。

これは、前もって予定がはっきりしなかったための数です。

そこで開演前に、山本団長と田村和也さんと私は、コソコソ打ち合わせました。

「4頭と思っていて8頭出ると、嬉しいよねっ?!」

お客さんには、ナイスサプライズとなり、とても喜んで頂きました。

更に、客席におりて自由自在に動き回る大蛇たち。

『舞っていても本当に楽しいんですよ!』が伝わるひとときでした。

そして、あんなに“夢中”な奏楽は、滅多に観られるものではありません音符


大太鼓:管沢秀巳さん、小太鼓:佐々木崇志さん、
手打鉦:栗栖 綱さん、笛:山口莉奈さん。

須佐之男命:半田 徹さん、足名椎:平岡時和さん、
手名椎:川江翔太さん、奇稲田姫:山下瑚太郎さん、
大蛇:山本貴範さん・田村和也さん・佐々木恵太朗さん・
山口 蕉さん・中村直哉さん・中村悠哉さん・
江田和弘さん・中本雄己さん。


































上MEN'S NON-NOかSafariかっ?というくらい、絵になるお二人ですねぇ。左から、佐々木恵太朗さん&須佐面&山本貴範団長


~明日26日(水)定期公演は~

栗栖神楽団の皆さんです。

塵倫と八岐大蛇で、また一味違う趣を感じてください!

4月26日(水)18時開演 19時開場
広島県民文化センター(082)245-2311


| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前  2018年09月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.221564秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

2654248