次章。


上月はいつも同じ面を見せています。明日は上弦。

ダイヤ久しぶりにスッキリした夜空ですねダイヤ

最近、CMで懐かしい曲に逢って嬉しいです。

キリンジのエイリアンズ。

当時とても好きな曲で、娘の子守唄でもありました。

夜ぐずる娘に毛布を巻いて、月明かりの中を歌いながら歩いたものです。(街灯がないから月のある夜だけ)

不思議なもので、外の空気を感じるとすやすや寝てくれるし。

トントンとゆっくり背中を叩くのに丁度良い曲だった。

・・・で、時々イノシシに出会います星


過ぎた時間は音楽で更に輝きを増す。

今聴いてもやっぱり良いですね・・・と言いますか、昔より深く沁みてくるような気がします。

知らない世代の方も一度聴いてみてちょ。

https://www.youtube.com/watch?v=w05Q_aZKkFw


ダイヤあさきた神楽発表会、どんどんご紹介しますダイヤ

~第五幕 亀山神楽団 茨木~

今年は、オリジナル演目であるこの演目に注力されるそうです。

冒頭、酒呑童子が、一連の茨木童子の戻り橋の失態を烈火の如く怒る場面では。

やはり日本最強を誇る酒呑童子の絶対的な恐ろしさ、“酒呑童子という鬼”と“茨木童子という鬼”の違いを表現します。







さて、この演目の主役となる茨木童子、どんなことを大切に舞われているか伺ってみますと。

『面との対話です。面から滲み出るような茨木童子の内面を口上や所作に表して舞いたいと思っています。』茨木を演じる平岡秀典さんのお話です。

鬼には鬼の住む世界。茨木童子をつい応援してしまいます。


源頼光:山本啓太さん、渡辺綱:岸岡健吾さん、
酒呑童子:坂本紘秋さん、茨木童子:平岡秀典さん、
真柴:森本健二さん。
大太鼓:岡崎雅也さん、小太鼓:下川 葵さん、
手打鉦:坂本雅己さん、笛:東 弥洸さん。

















~第六幕 あさひが丘神楽団 日御碕~

およそ10年ぶりの再演です。

かつてあさひが丘神楽団の十八番のひとつ、代表演目とされ、また舞って欲しいという声も多かったと伺っています。

以前からのファンの皆さんは、感慨深くご覧になったのではないでしょうか。

この再演にあたっては、台本の手直しなどもあり。

又、奏楽も八調子の中に六調子を組み込んだ変調子で一体となって物語を綴ります。

明後日、広島神楽定期公演で上演されます。

又、もうひとつの源頼政鵺退治もあさひが丘の皆さんを印象付ける演目ということで注目して頂きたいと思います四葉


田心姫命:山田悠人さん、彦羽根:小田徹也さん、
賊:古岡和芳さん・山本弘貴さん。

大太鼓:下田敏則さん、小太鼓:藤本靖浩さん、
手打鉦:安部憂大さん、笛:山本美波さん。






















| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.262151秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3292949