lucky item。
ダイヤ神楽の週末はあっという間に過ぎてダイヤ

次の週末の神楽を楽しみに過ごす。

こうしているとすぐに1年が終わってしまうのよね~。



上江津のお土産、ハマボウフウ。いつもありがとうございます!
春の香りを天ぷらでシャキシャキと頂きました。



ダイヤその今週末は、月一の舞ですのでダイヤ

先月の月一の舞のご紹介をしていきます。

今週はあれこれ予定が多いので更新も飛び飛びですが、のんびりお付き合いください。


2月のテーマは「神楽が語る名刀伝説」でした。

改めて特集してみると、神楽には様々な名刀が神秘な力を発揮していますね。

しかもそれら無しでは、神楽の物語として完結しない、もうひとつの主役だと初めて気が付きました。


【神楽の中で神(しん)と鬼が刀を持って戦いますが、神の持つ刀にはご神徳があり、鬼に対して振り上げるとそれだけで鬼の力を萎えさせるのだと言われます。―当日解説文から抜粋― 筆 石井誠治さん。】


さて、ご存知のように。

今年の7月16日(日)に開催される神楽スペシャルの特集は「刀(宝刀)」です。

すなっちのイベント日誌でも皆さんからのアンケートを募っておりますので、どんどんご参加ください星

http://ameblo.jp/kagura-event/entry-12252688351.html


ということで、同じ刀が出て来る可能性もありますから。

7月のスペシャルを楽しみにされている方のために、今回の名刀解説は少~しだけ!“さわり”にしておきますねにこっ


~第一幕 琴庄神楽団 土蜘蛛~

【名刀髭切り丸】

土蜘蛛の精魂を斬りつけ、蜘蛛切り丸と名を変える刀。

《この刀の始まりは、平安時代のはじめ、源頼光の父・源満仲が天皇から国を守るように命じられたことにより、刀を筑前国・今の福岡県の“刀鍛冶”に頼んだものと伝わります。

刀鍛冶は立派な刀造りのために、八幡大菩薩に祈りました。
すると、『最高の鉄を六十日間鍛(きた)えれば、二つの刀を授けよう』とお告げがありました。。。文:石井誠二さん》

ここまでにしよっにひひ


胡蝶の妖美がもたらす格別な緊張感と。

私の苦手な蜘蛛の、長い手足を絡ませ探り這うような岩屋帰りは“琴庄さんの土蜘蛛だ~”と思います。

そして今回は、栗栖和昭さんの頼光さんを初めて拝見できて、“わーおっ”となりましたにかっ


源頼光:栗栖和昭さん、卜部季武:沖田将之さん、
坂田金時:石田 成さん、侍女胡蝶:菊本靖彦さん、
土蜘蛛の精魂:東 成憲さん。

大太鼓:大田 守さん、小太鼓:山本智之さん、
手打鉦:平本愛深さん、笛:沖田奈々さん。

※特集の割には、髭切り丸の写真が撮れていません。すみません。























次の更新は2,3日後です。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.238661秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289668