同じ空。
明日は、東北大震災から6年。

朝から関連ニュースで様々な話題が届けられますが。

町の復興は少しずつ進んでも、歳月に乗り越えられるものは限られます。

心から穏やかに過ごせる毎日が、ひとりひとりに訪れて欲しい。。。




今朝の中国新聞の別版【Cue】に。

竹原市出身で、私の恩人でもある坂上満さんが紹介されています。

坂上さんは広島からの転勤で仙台に移り、被災されました。

被災数日間、坂上さんと連絡が取れなかった恐怖と、安否が確認された時の嬉しさは絶対に忘れることはありません。

ご家族は皆さんご無事で、その日から、およそ40か所の仮設住宅の支援を使命として続けてこられました。

当初は物資の配給などで東奔西走しておられましたが、6年の環境の変化に役割も変わり。

近年では、復興公営住宅のコミュニティ作りとして。

ダーツ教室や音楽会などを開き、今年の2月時点でおよそ800回にものぼります。




上読みにくくてすみませんです。
坂上さんは写真より男前です。(こう言うと喜ばれますにひひ



昔からユーモアのかたまりのような坂上さんの、胸にあるのはこの思いです。

震災後、間もなくして「津波で全部流されてしまい、写真の1枚も残っていないんだよ」と言われた一言が耳に残っていて、「ダーツ教室」を開催するたびに「新たな楽しい思い出を残して頂きたい」との思いで、全員の写真を焼いて差し上げています。

※坂上さんのブログ「みちのく」発から。


http://yaplog.jp/mitinokunosiki/2

上 「みちのく」発ブログ


坂上さんのブログを開くと、被災地の今の日常や笑顔の写真が沢山紹介されていますが。

2011年3月を開けば、あの時の様子がそのまま残ります。

東北の歩みを他人事にしないように、私も毎年この日に、我が家の非常用バッグの確認をしていますよ四葉
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.261247秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3299059