涙もろい仁王さんから、お知らせだ~☆
ダイヤカープ、昨日のオープン戦は残念でしたねダイヤ

とはいえ、新井さんの活躍はホッとする。

野球!野球!!でWBCも楽しいですねえ。

CSでは憎たらしいと思った中田翔選手ですが、昨日はステキでした。

今日は、2次ラウンド進出のニュースが聞けます様に。


ダイヤさてさて、先日のことダイヤ

一昨年の「泥落とし神楽の祭典」から、濃い ご縁を頂いております上田 穣さんから。

湯のような熱~いお知らせメールが届きました。

3月19日(日)に開催される「第3回 十二神祇神楽大会」です。

大会の主催は、広域十二神祇神楽連絡協議会。

協議会の所属団体は、広島西部から岩国山代地域と県をまたぎます。

開催場所は持ち回りで、今年は安佐北区の高陽。

大会に参加される高陽地区の保存会の皆さんに伺うと『もう準備で頭がいっぱい汗』だそうですよにかっ




上昨年は佐伯区で開催されました。
一見素朴な印象ですが、天蓋は細部に渡って色彩豊かで芸術的です。



ダイヤこの大会の主旨をダイヤ

前回のパンフと下前富男会長のご挨拶から抜粋してお伝えすると。

『一番の目的は、十二神祇神楽の保存と継承ですが。

一般的に難解で地味な十二神祇神楽は、現在一部の団体をのぞき、いつ消滅してもおかしくない危機的状況にあります。

大会に出演するためには練習をする。その練習の中で、改めて神楽本来の姿と所作の意味を見つめ直し、伝承者という自覚を持ち、保存と継承に繋げていきたい。』

という切実なものです。

今年は、月いちの舞と日程が重なるので、私は伺うことができませんが。

関係者の皆さんの“今こそ”という結束。

そして何より!“一人でも多く足を運んで欲しい”と心を込めて、一人ひとりに発信されている上田さんに敬意を表して、この度頂いたメールをそのままご紹介させて頂きます。

長文になりますが、ぜひお付き合いくださいねにこっ




上浅原神楽団(廿日市市浅原)「三刀(さんとう)」が始まります。
十二神祇には小太鼓がありません。衣装も団体によって、全然違う!見所は沢山ありますよ。



ダイヤそのメールに添付されたメッセージはダイヤ

『ご存知の通り、十二神祇神楽は石見神楽の様な劇的な艶やかさは持ち合わせておりませんが、源日本人の本質とも言うべき、祈りの心を宿しております。

十二神祇神楽を保持している神楽団を見渡せば、熱意と誇りを持って次世代へと繋げて行ける勢いのある団体もあれば、祭りでは結構な集客が出来ているのに平均年齢は70を越え、まさに風前の灯火状態の団体もあります。

私の本心は、今正に灯状態の神楽団にスポットを当て、現在保持している神楽を、せめて記憶と記録に残しておきたいと言う気持ちもあります。

消えゆくことを、一個人の力では食い止めることができないからね。』

・・・・後半は、口に出すことを躊躇してしまいそうな厳しい言葉に思えますが、これが寄り添うということでしょうか・・・


ではプログラムです。

上田さんがご存知の演目に関しては、ひとこと紹介が入っております。

又、当日は下前会長から、上演前などに解説が入りますので、土産話が沢山出来ますよ。

~プログラム~

1、 浅原神楽団【猿田彦】
河津原神楽団では、湯立て、お神楽、猿田彦は神事の中の一つとして奉納しますが、浅原神楽団では神事中はお神楽だけとなります。
浅原神楽団が廿日市市の指定を受けている神楽の一つではなかったかな。


2、松ヶ原神楽団【お神楽】
私が見た祭りでのお神楽は、河津原神楽団の基となる舞いでした。


3、金山神楽保存会【岩戸開き】
この大会の為に復活させた神楽で、私はまだ見ておりません。


4、河津原神楽団【柴鬼神】
通称は荒平、関と言われています。若い者が、荒削りですが苦労して去年復活させました。柴舞いとの関わりを色濃く感じさせる河津原神楽団独特な神楽です。


5、小河原火舞保存会【旗舞】

6、阿刀神楽団【天の岩戸】

7、石内神楽団【つり舞い】
他では三刀と呼ばれているらしい。

8、五日市芸能保存会【関】

9、上矢口郷土芸能保存会【弓舞い】
弓舞い、薙刀舞い、二刀、三刀、五刀、荒神などが総合して十二神祇神楽の双璧の一つ、将軍で完成されます。

10、伊勢神社神楽団【二刀】

11、上沼田神楽保存会【天の岩戸】
腰が抜けてしまいそうな神格化された岩戸です。
まぁ見てのお楽しみにひひ


12、坂原神楽団【四刀(よつだち)】



上坂原神楽団 四刀。昨年11月、筒賀神楽祭から。


第3回 十二神祇神楽大会

3月19日(日)午前10時開演
フジグラン高陽 ふれあい広場
(広島市安佐北区亀崎1丁目1-6)

入場料:無料

問:事務局 上田さん 090-8713-3311
上矢口芸能保存会 大沢さん 090-1352-2952


ダイヤ昨年、鮮やかに印象に残っているのはダイヤ

子供たちが当たり前のように大人に交じって。

堂々と真剣に、又楽しそうに活躍する姿でした。

例えば荒平の迫力を相手に、難しい口上を澱みなくハキハキとつとめる小中学生の太夫さん四葉

あれだけの説得力のある舞台に。

保存会や神楽団の皆さんの根気と、その子へ注ぐ深い気持ち。

子供さんは大人を信頼して、その期待の大きさをきちんと理解していることが伝わってきました。

ひとつの神楽がこれからどう向かうかは、子供たちがどんな風に関わるかが大きいですね。。。

『又、来年も舞いたいなぁ。』と、心がワクワクするような大会になるよう祈念いたします!




上石内神楽団(広島市佐伯区)「関」から。太夫は小学校3年生(昨年)の濱田龍惺(りゅうせい)君。




上上矢口郷土芸能保存会(広島市安佐北区)「世鬼」から。
太夫は吉川柊陽(とうよう)さん、中2(昨年)。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.256707秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289728