傍ら。
ダイヤ浜田発、今日の夕暮れダイヤ

日本海の日めくりの輝き。

一枚の写真にも、たまらなく郷愁を覚えます。



※夕陽のガンマンさん、ありがとさんですチューリップ


ダイヤ先日、30周年を迎えた「ひろしまはまだ会」祝賀会からダイヤ

嬉しかった!お祝いの神楽をご紹介します。

ひろしまはまだ会の会員となって随分長い・・・いつの間にか幹事になっています。

浜田の出身者や縁のある方々で構成されるこの会は。

1987年(昭和62年)に、広島―浜田道を開通実現するため、広島側の応援団として創設されたものです。

平成3年、広島―浜田道が開通して、その任務を終えてからは。

会員同士の「交流」を柱に、年に2回程度集い。

故郷の思い出に華を咲かせる、居心地の良い会です。

特別に人が増えるわけでもなければ、減るわけでもない。

年会費なし!強制されるものなど一切なし!“来る者拒まず去る者追わず”のスタンスからでしょう。

浜田出身の方はもちろんですが、浜田に何らかの興味や関係がある方は、ぜひ気軽にお越しください四葉




上現在92歳。会長として30年会を牽引された小原正さんは、30年を機に名誉会長に就任。
“質実剛健”、小原さんにお逢いすると、いつも心が漱がれるようです。





上新会長・山崎健三さん。長い間縁の下の力持ちとして会を支えてこられましたが、小原さん切願を受け想いを引き継がれます。



ダイヤそしてダイヤ

この30周年の会にゲストとしてお迎えしたのが、浜田市職員石見神楽同好会の皆さんですにこっ

大切な節目の催しに何が相応しいか協議される中、全員一致で“石見神楽”という声が上がりました。

特に、小さいころの高揚感が蘇る“鬼舞”が見たいという声でした。




上この奏楽さんの並びに、私は壮絶に“萌え”ていましたにひひ 


当日は、何十年ぶりかの石見神楽に、涙ぐんでご覧になる方もいらっしゃいました。

『いや~・・・今日は本当に・・・本当に良かったねぇ。』と、静かな語らいが続きました。

神楽の思い出には、当時の何もかもが一緒に詰まっているように思います。

もう2度と出逢うことのないその景色の、なんと尊い事か。

ステージの向こう側に、どんな風景と顔が見えたのかな。。。

素晴らしい神楽のお陰で、最高のお祝いの会になりました。


○浜田市職員石見神楽同好会○

当時「石見神楽」が高齢化と後継者不足により衰退の危機にある情勢を憂い、浜田市職員有志が結束し、昭和43年発足。伝統ある長浜社中に師事し現在に至っています。地元をはじめ、県内外での公演にも積極的に出演し、浜田市の伝統芸能「石見神楽」を紹介しています。
 

~第一幕 塵輪~

仲哀天皇:篠原修さん(長浜社中)、随身:吉永元輝さん(長浜社中※応援出演)、
白鬼:松本清美さん(長浜社中)、赤鬼:琴野正義さん(長浜社中)。

大太鼓:小川徹さん(亀山社中)、小太鼓:大下一匡さん(亀山社中※応援)、手拍子:日高均さん(西村社中)、笛:稲田誠さん(今市社中)。

























次は大蛇!
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.243339秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289127