人の顔をした鬼。
ダイヤそれでは今夜も、先月の月一の舞から!ダイヤ

来週末に、また雪の予報になっていますね。

くわばらくわばら・・・ということで。

「くわばらくわばら」の語源でもある、菅原道真のお話です。


~第二幕 天神記 東山神楽団~

道真を貶めた藤原時平は、39歳の若さで狂い死にします。
これをはじめ、都では次々と災いが起こったのです。
京の都では『道真の祟りだ。道真の怨霊が襲い来る』と恐れたのです。

59歳でこの世を去った道真の骸は、今の九州・大宰府天満宮へ祭られました。

平安時代としては、学者は学者としての一生を送るところ、学問に学問を重ね、中国への遣唐使の廃止などを提言して、国際的な研究から高い地位を得た道真は、時代を超え学問の神様として親しまれるようになったのです。

文:石井誠治さん、一部抜粋




上下道真の子・菅秀才と紅梅姫は、父の怨念を晴らすため京へのぼります。
日吉(当時はひえと読んだ)大社に勝利を祈願する神前に、雷神と姿を変えた父が現れます。





およそ5年ぶりの再演だったそうです。

武力ではなく、和歌の掛け合いでの勝負が、道真を敬い慕う物語と拝見しました。

道真が流されていく始まりの場面が見所のひとつですが、今回は拝見できなかったので、次回の楽しみにしております。


菅原道真:出上忠美さん、雷神:増田智也さん、
菅秀才:中谷克志さん、紅梅姫:益田祐輔さん、
真名井:山根秀紀さん、藤原時平:中原秀成さん。
藤原忠平:山添譲貴さん、藤原正平:梶原隆之介さん。

大太鼓:米田 剛さん、小太鼓:有田雅俊さん、
手打鉦:中村洋平さん、笛:岡広 徹さん。
























| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.398358秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297784