詩情を歩く。


上今週土曜・3日は
細い月と金星が近づきます。5日(月)には、火星と月が接近します。



ダイヤここんとこ、ずっと住居の外装工事でダイヤ

1か月もの間、建物全部が白いシートに包まれ何も見えない汗

3階のベランダの向こうを、工事の方が歩かれるので、厚手のカーテンも閉めっぱなし。

暗~い1か月でしたしょぼん

やっと昨日、足場もシートも撤去されてカーテンを開け放ち、洗濯物も植木たちも、外太陽

解放感いっぱいです。


我が家のベランダは東西で、昇る星々と沈む星々が丁度良く観測できます。

折しも今夜は、ISS観測日だったので、早速ベランダ観測。

北東にゆったり流れていくISSに癒されました~星

冬の空は透き通ってキレイ。

まずは南東の空、オリオン座・冬の大三角から探してみてください。



上初旬は、22時近くから見やすい位置になります。



ダイヤひろしま美術館で開催されているダイヤ

「安野光雅のものがたり絵本展~平家物語から桃太郎まで~」に行って来ました。

安野さんは津和野出身で、安野光雅美術館もありますし、すぐに作品を思い浮かべられる方も少なくないでしょう。

しかし、これまで私は知らなかったのです。

“やすの”さんだと思い込んでいましたが、“あんのみつまさ”さんであったことを!

ハ・・ ( ̄Д ̄||) ハズカシイ・・・




上街の中心部なのに、鳥の声だけ。。。


お目当ては『繪本 平家物語』。

壇ノ浦に散る平家の栄枯盛衰を描いた79場面のうち45点の展示でした。

その中で「那須与一」という作品を、長い間直接見たかったのですがやっと叶いました。





『鏑は浦響くほど長鳴りして扇の要を射、鏑は海に入り扇は空へと上がり 春風にもまれた後、入日の海へ散って行きました。』

屋島の戦いのさなかに語りつがれる、風流な場面。

私にとって、この作品の魅力は“静けさ”。

まるで月から眺めているような、音のない世界。

およそ45億年、地球を見つめてきた月の命に、一瞬にも満たない人の営みの儚さを思います。

“おごれる人も久しからず すべては過ぎし夢”。

二位の尼と安徳天皇や教経の最期など、特に神楽を通じて源平の戦いを知る方は、琴線にふれる展覧会です。


そして。

『繪本 平家物語』は、物悲しい余韻を残すのですが。

他の絵本シリーズも、とてもおススメです。

特に『昔咄きりがみ桃太郎』は、桃太郎の上から目線の口上がめちゃめちゃ面白い!

声に出して笑えます。

例えばキジが出てきた際、『私はキジです。』と自己紹介をしているのに。

『そうか、にわとりか!』と返すあたり。

(いやだから、キジだっつーの)と、キジが思ったかどうか分かりませんが。

確かににわとりは、キジ目キジ科ですが。

どの時代にも英雄と呼ばれる人たちって、こういうところ、あるよね。。。

しかしながら、切り絵は素晴らしい!

1人の作家さんに、こんなに多くの異なる手法が宿り、作風が生れたことに感心します。

お時間があればぜひ四葉



「安野光雅のものがたり絵本展」は、12月11日(日)まで開催

ひろしま美術館HP下

http://www.hiroshima-museum.jp/
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前  2018年12月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.300294秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

2765878