真摯。
ダイヤ前回の定期公演でダイヤ

買ったばかりのカメラの初撮りをしてみました。

オートしか使わないし、そんなに変わらないだろうと思いましたが。

案外メーカーによって異なるみたいですね。

大苦戦して、今回は合戦が全く撮れませんでした。

更に、ひとまわり大きくなった分、めちゃくちゃ重い。

壁や手すりに寄りかからないと撮れない。

重さまでは考えてなかった。


なにはともあれ、上演後、よってけさんに設定を見てもらうことに。

『神楽はね“S(シャッター優先)”に合わせるほうが良いと思うよ。シャッタースピードを上げて、会場によってはイソ(ISO)上げて・・・』

そうかSか、Sだね・・・

分かった、とても良く分かった!今度から上演前に、よっけてさんにカメラの設定をしてもらえばいいと言うということが分かった―!!



上色々使いこなせれば素敵。しかし取説の言葉自体が専門すぎてよく分からないダッシュ


ダイヤ定期公演、八重西神楽団の皆さん続きますダイヤ

幕間にご登場頂いた、芥川智成団長のお話です。

第2幕の土蜘蛛の前に、6月千代田競演の準優勝の喜びを伺いました。

初めて、千代田競演で入賞を果たされた八重西神楽団の皆さん。

地元・千代田競演だけは、どんな必死も懸命も通じず、箸にも棒にも掛からなかったと振り返られます。

先輩方が舞う土蜘蛛は、県競演で優勝されています。

その分、若い団員さんが引き継がれた土蜘蛛は、先輩方の想いも背負ってがむしゃらだったでしょう。

準優勝!と発表があった時はどう思われましたか?

『そりゃあ、もう。千代田の大会は今年25回目、四半世紀かかりました。カープの優勝と同じくらい、それ以上に皆嬉しかったですよにかっ

胡蝶の田中 聡さん、大太鼓の五反田直也さんも個人賞を受賞して、記念の年になりますね。

『目標のひとつを叶えさせてもらいました。感謝と励みを忘れないように気を引き締めます。これからどうしていくかが、一番大切です。』

競演は結果が最終目標ではなく、通過点であり、神楽団の歴史のひとつということですね。

学ばせて頂きました四葉

気持の良いお話に、会場のお客さんも清々しく、お祝いの拍手が沢山おくられていました。


千代田のまつりは10月の最終土曜29日です。

八重西神楽団の皆さんは、八重地区総合センターが会場となります。

21時頃から・・・あたたかくしてお出かけください。

では、今年力を注がれてきた土蜘蛛です。


~第二幕 土蜘蛛~

大太鼓:五反田直也さん、小太鼓:大塚英樹さん、
手打鉦:岩角圭太さん、笛:藤本智子さん。

源頼光:福田雅宏さん、卜部季武:新本一樹さん、
坂田金時:大塚和典さん、胡蝶:田中 聡さん、
土蜘蛛:清中智貴さん。




























今週の広島神楽定期公演は

台風が気がかりではありますが!

出演は、横谷神楽団の皆さんです。

山姥と源頼政。

源頼政は初見です。とても楽しみにしています!


9月21日(水)18時開場 19時開演

広島県民文化センター(082)245-2311

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前  2018年12月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.653157秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

2758336