明。
ダイヤ夏の間ずーっとダイヤ

コロコロコロコロ、テーブルの上で転がっていた雑貨小物を。

思い立って、フリマアプリに出品したら。

15分も経たないうちに売れて、東京の方にお嫁入りしました。

そして即入金。

世の中、こんなに進んでいるんですねぇ。

ヘェー (。・ω・。) ホォー


ダイヤ今日は、前回の広島神楽定期公演ダイヤ

安野神楽団の皆さんの様子をご紹介します!

初見の2演目、しっかりと堪能致しましたよ~。

玉藻前と胡蝶、二人の鬼女の「秘める」舞と、太い口上にググッときました。

大胆かつ繊細、加えて美し~。。。

これまで重厚感の旧舞・安野を拝見してきましたが。

今回は、新舞・鬼女の物語で、新しい安野神楽団を発見致しました!




上小恵比寿ちゃんは、伊田光志さんと、智世(ともよ)さんご夫妻の愛息子・光希(あき)くん。
2歳9か月になったよ。小珍斉も舞えるのよ音符




上夕方の市内中心部で“めでたい”をおすそわけ。


~第一幕 狐退治~

もともと安野神楽団では、狐退治を舞われていたと思われますが。

昔の舞を掘り越せるものが残っておらず、3年前に創作されたそうで、流れは悪狐伝と同じです。

リクエストも多く、舞う機会が多いこの演目、珍斉さんの個性が光ります。

会場には沢山の海外のお客様に『アイ アム チンサイ、プリーズ エンジョイ!』と自己紹介がありました。

珍斉さんの、中学生の娘さんに用意してもらったとのこと。

何気ないヒトコマですが、このひとことが、大きなおもてなしだと思います四葉


三浦介:松本 樹さん、上総介:伊田 蓮さん、
珍斉:上端一宏さん、玉藻前:伊田光志さん、
狐:沖 正紀さん。

大太鼓:沖野秋雄さん、小太鼓:伊田智世さん、
手打鉦:岡田信明さん、笛:山手利典さん。










上 『!!』









上なにか・・・いるよ・・・にひひ













| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.265075秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3299054