その世界。
雲雲っていると楽だな~雲

オリンピックも閉幕して落ち着きを取り戻し。

次は、カープのM点灯を待つばかり。

自然に秋に気持ちが向いていきますね。。。


ダイヤでは9月の神楽を、ひとつご紹介しますダイヤ

今年40回を迎えます「湯来神楽共演大会」。

9月3日(土)の開催です。

手づくりの大会、着々と準備を進めておられます。

水内神楽団、大森神楽団、下五原神楽団を柱として。

ゲストの下河内神楽団、宮乃木神楽団の皆さんに華を添えて頂きます。

バラエティーに富んだ賞品が当たる抽選会もありますよ。(番号の入ったチラシ必要・当日配布チラシは数に限りがありますのでご了承ください)

晴れやかな演目が並び、盛り上がりそうですね。

屋内で開催ですので、晴れでも雨でもご心配なく!

9月はじまりの神楽鑑賞にぜひお越しください。

チラシを見てねっ下




ダイヤ続いて、大のおすすめ・・・ダイヤ

県立美術館で開催中の「大恐竜展 蘇る世界の恐竜たち」。

行ってきました!

ゾクゾクッ、最高に楽しかったです!



上全長17メートル・大型獣脚類恐竜スピノサウルス(中生代白亜紀)の全身骨格。一部本物の化石。



上スピノさんを復元すると、こんな感じの顔になるそうな。。。
魚類を食べていたと考えられるそうな。。。



恐竜の研究が始まってから、まだ200年。。。

今回のテーマは“復元”で、世界各地で復元された恐竜たちの展示です。

発見、発掘、復元・・・化石に残る情報は限られていますが。

サイエンス+芸術で、2億3000万年~6600万年前の恐竜時代をリアルに感じることができます。

頭部内の空洞+形状+容積+周波数で導かれる、ヒパクロサウルスの「声」にも胸が熱くなりました。

会ってみたいけど・・・もしジュラシックパークが実現しても、肉食恐竜には会わなくても良いかな。

コワイカラネ ( ̄  ̄*)

9月4日までです。“本当にいたんだな~”を体感しに、行ってみてください。


大恐竜展 蘇る世界の恐竜たち

広島県立美術館(広島市中区上幟町)
9月4日(日)まで開催・会期中無休 
9時から17時 ※金曜は20時 ※入館は閉館30分前まで

詳細下

http://www.hpam.jp/special/




上フリルと3本の角が特徴・ケラトプス科もこ~んなに!



上肉食恐竜アロサウルス(中世期ジュラ紀)全身骨格。



上アロサウルス生体模型・・・悪そーっ



上ロボット恐竜に餌をあげようイベントも有り。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.237153秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3296550