染める。


上月齢13。満月は20日(水)。


ダイヤ戸河内競演、終盤ですダイヤ

~プログラム13番 原田神楽団 滝夜叉姫~

会場が水を打ったように静まりかえる、五月姫の長口上。

その口上が終わった瞬間の、お客さんの感嘆の声と喝采!

垣内和久さん、頭から足先まで滝夜叉姫でした。

“気持で舞う”が、“気持ちを動かす”でしょうか。

広島の競演大会は、こうやって続いてきたのだろうと思いました。






















~プログラム14番 石見神楽亀山社中 岩戸~

楽の皆さんの、始めの一礼から神と共にあると感じる石見の岩戸。

パンフレットの岩戸の解説からして!故郷の神楽の誇り、岩戸への敬意が溢れています。(ぜひ読んでね)

亀山の岩戸で代表される場面はやはり、天照大御神が岩戸からお進みなる、あの荘厳な場面でしょう。

2階から拝見すると、会場、お客さん全てが、七色の天上の光に包まれ、美しさに胸を討たれました。





















| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
セオリー。
ダイヤ梅雨明けしましたねダイヤ

まさに海の日。

でもあんまり焦げると、夜、眠れませんよ~太陽


ダイヤ続いて、戸河内競演の舞台から!ダイヤ

~プログラム11番 特別出演 下五原神楽団 子持山姥~

舞・口上と共に、豊かな表情で山姥を魅せる升本隆さん。

一場面ずつ丁寧に描かれ、この演目を大切に舞っておられることを感じます。

山姥は独特な舞ですね。

我が子を思うが故の、壮絶なサダメから解き放たれた先に、心安らかな日々を願います。
























~プログラム12番 栗栖神楽団 第六天~

もともと保持される八幡を、競演を見据えて構成を変え「第六天」として10年ほど前から舞われています。

本来チャリ色で登場する門丸を従者として仕上げ、口上などを変えられています。

一方で、栗栖神楽団では、以前より八幡は団員さんを育てる基本の舞とされており、奉納では必ず八幡を舞われます。

同じ栗栖の舞の中でも、大自在天魔王は、これまで見たことのない舞い方で、旧舞の幅の広さを思います。



















| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.241351秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3284855