捧ぐ。
曇りのち雨梅雨ですね~曇りのち雨

次の青空いつだろう。


ダイヤでは、梅雨時ポイント2倍キャンペーン開催中のダイヤ

広島神楽定期公演!先週の今吉田神楽団の皆さんをご紹介します。

上演前のデモンストレーション、まさに“ふれあいの場”となり。

上演後の撮影会も、舞台は超満員、お疲れのところ、終始お気遣い本当にありがとうございました。



上子供さんのいるご家族を見つけて、出張。『了解~音符



上よっしゃっ、ここから・・・



上本気モードで舞っちゃうぞっ


~第一幕 日本武尊 今吉田神楽団~

数年ぶりに拝見しました。

小碓命を舞う長木健(たけし)さんは、東京の大学から地元での就職を叶え、今吉田神楽団に戻り、大きな期待を背負います。

自ら手を挙げ、今年から本格的に日本武尊を舞います。

その胸中には、父・憲二さんがいらっしゃいます。

長木憲二さん。今吉田神楽団を代表する神として活躍されながら、12年前40代前半で他界されました。

健さんは、中学校に入学された頃です。

そのお父さんも小碓命を、この日、健さんが着ておられた、羽の付いた同じ衣装を着て舞っておられたそうです。

『「健」という名前も「たけし」にするか「たける」にするか、悩んだと聞きました。』

ご自分の役に誇りを持って、最愛の息子さんに贈る、神楽の里に生きる父親の喜びですね。




上繋ぐ舞、衣装。


さて、現在この役に力を注ぐ健さん。

『舞いたいという希望を受け入れてもらい、団の皆さんに感謝しています。』

又、日々奮闘しているのは。。

『戦士であったり姫であったり、舞分けの多さが難しさであり魅力。姫といっても普通の姫ではありませんし・・・』と、醍醐味を語られます。

25歳。これから永きに渡って、父への憧れと共に日本武尊を育てられます。


大太鼓:石川一義さん、小太鼓:万福寺康孝さん、
手打鉦:井上穂乃香さん、笛:長木 恵さん。

小碓命:長木 健さん、随身:堀田智治さん、
川上梟帥:木村隆之さん、五十猛:石川悠祐さん、
侍女:松本一樹さん。




















| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.238368秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3286118