初夏も、もちろん神楽。
ダイヤ今朝、ホトトギスの声で目が覚めましたダイヤ

『テッペンカケタカ』久しぶりに聴いた。。。

無事帰って来たんですね。

ウグイスには侮れない相手ですが(ウグイスの巣に托卵するため)、季節の風物詩やはり嬉しいものです。

https://www.youtube.com/watch?v=JyEYApCY-dM

上ほととぎすの鳴き声。日本野鳥の会「鳴き声ノート」から。


ダイヤでは今夜はダイヤ

広島神楽定期公演、中原神楽団・後半です。


ダイヤ幕間のお話は、柳谷敏男団長ですダイヤ

昨年秋に団長に就任されたばかりでした。

~団長に就任され、大変だと感じられることはありませんか?~

『皆をまとめていかなければと考えると、責任の重大さを感じますが、団員皆の大きな協力をもらっていますので、大変なことはありません。感謝でいっぱいです。』

そういえばぎょ

上演前、控室でいろいろと団員の皆さんに質問をさせて頂く時も。

皆さんのお答えや和やかな笑いが幾度となくハモり、シンクロする様子にはちょっと感動しました。

きっと、長年一緒に、同じ目標に向かう同志ならではの呼吸があるのですねぇ。

又、現在18名で活動されていますが、団員全員が中原出身や縁のある方で構成されています。

柳谷さんは『これがうちの自慢なんです』と、誇らしそうでした。

6月18日、田原温泉のホタルイベントで紅葉狩を舞われます。ご注目ください。



上舞いも口上もピリッ。


~第二幕 大江山~

先輩方から受け継がれた、重厚で気品ある十八番演目。

紅葉狩でも組み込まれていた、中原神楽団独自の、立ち合いの型のバリエーションが豊かなこと!

又、酒呑童子と茨木童子のほとんどの口上を2つの鬼が重ねること。

頼光(よりみつ)の斎藤栄一さんのシビれる口上、等々。

中原神楽団にしかない、伝統の舞を魅せて頂きました。


大太鼓:旨山秀男さん、小太鼓:柳谷敏男さん、
手打鉦:塚本宏信さん、笛:上原正宜さん。

源頼光:斎藤栄一さん、坂田金時:多川純利さん、
住吉大明神:岡崎 修さん、酒呑童子:柴田裕星さん、
茨木童子:竹丸 真さん、紅葉姫:多川龍介さん。
































上頼光・斎藤栄一さんと。『さいとうさんだぞ~(W)にかっ
酒呑童子の面はかぶるものと、最後に神が持って舞うものとふたつあるんですね~!



~今週6月1日(水)の定期公演は~

今週も、初登場!小原神楽団の皆さんをお迎えします。

芸北地域の初夏は清々しいでしょうねぇ・・・

演目は天神と塵倫です。どんな舞を魅せて頂けるのか楽しみです!

6月1日(水)18時開場 19時開演

広島県民文化センター(082)245-2311

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.362483秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297660