ほっこり。


上5月のルビー、今年もたわわ。

下・・を、食べ放題。




ダイヤGWもあと一日ダイヤ

やっと、ひと息です。

沢山の方にお世話になり、出逢いもいっぱい、濃いGWでした。

特に今回、多くの才能を目の当たりにしたフラワー。

ダンスフェスティバル最終日は。

本番で起きたトラブルに震えながらも、最後まで笑顔で踊り切った女子高校生に、こちらがすっかりもらい泣きしてしまった・・・

これまでのFFで、一番思い出深いステージになりました。



上ダンスフェスティバル初日、広島商業高校応援部(主にチアリーディング)。“人に元気をあげるって、ホントに出来るんだね~星”と実感する演技でした!


ダイヤということで今日はダイヤ

山下清展にGO!

“日本のゴッホ”と称される昭和の画家。

私の中では、TVドラマの「裸の大将」のイメージが強くて。

いつか「長岡の花火(1950)」を真近に見たいと思っていました。

長岡の花火、良かった・・・緻密で繊細で観れば観るほど、とてもその仕事を想像できない。

多少の言語障害と知的障害を持ち、ひたすら純粋で美しいものを愛する表現者。

貼絵、ペン画、水彩画等々、どれも息を呑むほど素晴らしく、なぜか心安らぐものです。



上すっっっごい人でした~汗


ただ、ドラマの山下清さんとは大きく違います。

裸の大将・山下清は、あくまでドラマのお話。

実際の山下さんはランニング姿ではないし、おむすびの話もありません。

日記や手紙の字が綺麗な、几帳面な方ですし。

無名のころは放浪をされていましたが。

若くして社会現象になる程の人気を博し、どこに行ってもサイン攻めで、可愛そうなくらいだったそうです。

しかし、海外への取材旅行など、画家としては贅沢な環境だったんじゃないかな。

それでも!どんなに有名になっても、純朴で素直な人柄、邪念の無さは変わらなかったようです。


~作品に添えてある言葉~

「富士山」

初めて見た時は美しく見えても 欲張っていつまでも見ていると 美しく見えなくなってしまう

何でも欲張って見ていると 美しく見えなくなるということがよく解りました。(山下清)


放浪の天才画家 山下清展

5月10日まで!
福屋八丁堀店8階催場。
10時~19時30分(最終日17時閉場)
入場料 一般・大学生 700円

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.232994秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3299127