幕開けの関。


上蓮華の次に編んで遊ぶシロツメクサ。


ダイヤ4月最終週とGW前ダイヤ

分かっているのに、毎年ドタバタするんだよねー。。。

ガクシュウ (o・ω・o) シナイッ

来週に向けて、体力も付けておかないと。



上手作りの素朴な舞台ですが、カラフルで凝っています。


ダイヤでは、3月に巻き巻き戻りまして~ダイヤ

今年、第2回目の開催を迎えた「十二神祇神楽大会」をご紹介します。

この度は各方面から『絶対観に来るべし!』という沢山のご案内を頂き、並々ならぬ気合に呼ばれて出掛けました。

当日は春の朝冷えにも拘わらず、会場玄関前には多くの方が並び、期待感いっぱいでしたよ。

お陰様で“目から鱗ぽろぽろ”こぼれまくりのいちにちを過ごしました。

主催の皆さんのお気持ちなど合わせて、少しずつご紹介します四葉




上およそ30年前の面。和紙面です。
荒平が持つ黒い扇は軍扇(ぐんせん)。
歌舞伎などで使用され、武将が陣中で指揮に用いた扇と言われます。



~プログラム1 石内神楽団(広島市佐伯区) 「関」~

神楽団紹介
今から200数十年前、現在の広島市西区山田地区の社人より、伊勢十二神祇神楽を伝承され、中組神楽団が結成される。
代々受け継がれ、現在の石内神楽団となる。

関について
十二神祇神楽では大抵、フィナーレを飾る「関」の舞。
万能の力を持った荒平を、神との対話で現す神楽。
荒平の、金糸銀糸の豪華な衣装と、悠然と舞い遊ぶ様が見所。




上この度初めて拝見した、石内神楽団の皆さん。


現在23名の石内の皆さん、常に動けるのは十数人と、稼働人数の安定が大変なのは、どこも同じですね。。。

さて、十二神祇の中でも、圧倒的な存在感を放つ荒平は、善悪とも区別がつかない不思議な存在ながら、威厳に満ちる舞。

それに対し、引けを取らない堂々とした太夫さんは、小学校3年生の濱田龍惺(りゅうせい)君。


腹から出す大きな伸びやかな声と落ち着きで、会場を魅了しました。

子供は、超人的なものに、より近い力を持つとして、昔から神事やまつりで、神の依り代としての役割を果たすと聞いたことがありますが。

十二神祇を見ていると、その“昔から”を思い出すことが多いです。




上声が可愛らしいので、女の子だと思っていましたが男の子星
繰り返し練習してきた賢明さも伝わってくる口上。











上魔力を宿す杖と、太夫の宝剣を交換し、荒平の喜び舞いで結ばれます。

続きます。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前  2018年10月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.197571秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

2686476