4演目リレー。


上潤んでいるような月。
せめて大雨になりませんように。。。



ダイヤあさきた神楽発表会・後半ですダイヤ

後半は、大江山へ向かう4つの物語。

たまたま各団から、この4つの演目が揃い連舞となりました。

その偶然も凄いですねぇ。


~第六幕 山姥 あさひが丘神楽団~

(先日の定期公演でもご紹介いたしましたが)

およそ2年ぶりに復活された山姥。

この間、団員さん個々の生活環境も変化し、今だからこそ!の絶好機を迎えました。

これから長きに渡って育てていく演目です。

この復活に際しては、口上を整え直し。

又、山姥の人となりを考え見つめ、役柄を40代半ばのイメージとして、面やガッソ、衣装を揃えられたそうです。


源頼光:山田悠人さん、渡辺綱:石橋一樹さん、
八重桐:藤本靖浩さん、怪童丸:小田徹也さん。

大太鼓:下田敏則さん、小太鼓:山本弘貴さん、
手討鉦:東 勘太さん、笛:山本美波さん。





















~第七幕 戻り橋 鈴張神楽団~

(この水曜日に定期公演で舞って頂いたばかりですが、それはそれとして。。。)

この度の鈴張神楽団の見所のひとつは「橋原慎也さんの太鼓のバチが3㎝短くなったこと」だったそうです。

きっと鈴張ファンの方は、その一打にハッΣ(゚ω゚)とされたこと、間違いなしですねオッケー


さて、面を変え、口上を整え直された戻り橋は、配役にも挑戦が漲ります。

坂田金時を舞う吉田和哉さんは18歳。

又、普段、神や姫を舞う方が鬼や婆へと、個々の幅を広げる演目となりました。


渡辺綱:石川昌士さん、坂田金時:吉田和哉さん、
酒呑童子:竹迫正棋さん、茨木童子:住本政彦さん、
傘売り善兵衛:薮本 司さん、茨木童子化身:山中数人さん。

大太鼓:橋原慎也さん、小太鼓:橋原義則さん、
手討鉦:大本 彩さん、笛:沖川茉祐さん。
















| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.240598秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3296547