想像力を燃やす。
ダイヤ今日はダイヤ

コムズ安佐パークに、あさひが丘神楽団の皆さんの「悪狐伝」を見に行って来ました。

とにかく、よく笑わせて頂いて良い休日になりましたにかっ

来週13日(日)は第10回あさきた神楽発表会で「山姥」を舞われます。




上今日を総括する1枚。
『あさきた神楽、来てねーっ!』 by下田和尚&狐。



ダイヤお待たせしましたーダイヤ

「あさみなみ伝統神楽公演」を続けます。

次の演目は「刀舞」ですが、所務分けの舞の一部で。

先にご紹介した阿刀神楽団では「八つ花の舞」として上演されました。

同じ流れの物語が、団体によってどう受け継がれるかの違いを楽しむことも神楽の醍醐味ですね。

十二神祇神楽については、私は知らないことばかりですが。

それぞれの団体によって保持演目が違うこと、又、同演目でも捉え方が全く異なるものがあることが「人舞う神楽」の魅力のひとつと思っています。




上刀舞の持つ、緊張感が漂います。


~第三幕 刀舞 西原上十二神祇神楽保存会~

西原の冬樹神社を氏神様として、隔年奉納をされています。

会員は26名で、奉納三か月前から、平日の毎日練習をされています。


この度の刀舞は、精鋭たちによる特別チームを組んで臨まれましたグー

上演前のお話は、兄四神の長男・太郎を舞う藤本誠さん。

8歳から神楽をはじめ、現在34歳。26年の道のりは『神楽が好きだからこそ』とお話され。

『一生懸命練習してきたので、4人の舞子の息がぴったり合った舞を観てほしい。』とご紹介されました。

神楽ファンの皆さんは、舞台の舞の向こうに、普段の練習する姿までも想像して観る方が多い。

熱意はまるごと伝わっていますっ四葉


舞子:藤本 誠さん、沖村柾樹さん、
築島淳平さん、術勢将秀さん。

大太鼓:今村義則さん、結城考司さん、
笛:辻邊泰喜さん、原田直哉さん。













| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.263357秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3298292