香り高き国譲り。
ダイヤ盛り沢山の週末ダイヤ

男子駅伝、島根は46位で残念でした!!

でも力を振り絞った最後の姿は立派でした。

広島も悔しさを滲ませつつ、素晴らしい2位。

愛知は本当に清々しい優勝でしたね。

おめでとうございます。

それにしても、沿道の声ってよく届くんですね四葉

陸上部の娘も、駅伝スタッフに駆り出され、選手のエネルギーを傍らで感じて刺激を受けておりました。



上余ったスタッフ弁当を3つ持って帰ってましたが?当分お弁当食べなきゃダッシュ


ダイヤさて~ダイヤ

今日は天気予報に警戒して、仕事が延期となり・・・

再び島根フェアに足を運び、刺鹿(さつか)神楽団(太田市)の「日御碕」を観てきました。

初めて見た「日御碕」、今日はおまつりバージョンで舞われたようです。

これから写真を整理してみます。


ダイヤということでダイヤ

昨日拝見した奥出雲神代神楽社中の「国譲」をご紹介します。


~奥出雲神代神楽社中~

仁多郡奥出雲町は、八岐大蛇退治の舞台であり、須佐之男命が船通山に降臨したとされる出雲神話発祥の地。

老夫婦の住んでいた「長者屋敷」や、奇稲田姫伝説の「鏡の池」など大蛇神話に縁のある旧跡が存在しています。

又、出雲風土記には、「天叢雲剣」を想像させるこの地での鉄づくりについて記され、現在も「日刀保たたら」として日本で唯一、日本刀原材料の玉鋼が生産されています。※パンフから抜粋


『神話に縁ある土地に神楽社中を!』という、地元の気運により平成19年に創立されました。

雲南市大東町、山王寺和野神楽社中を師匠とされます。

現在“香具山”と“国譲り”“簸の川大蛇退治”の3演目を保持され、間もなく“茅の輪”を仕上げられるそうです。



上代表の石原誠治さん。舞台後段後、お話を聞かせて頂きました。
お疲れの所、あたたかく対応して頂きありがとうございました。



~国譲り~

ご存知、大国主大神が国造りされた国土を、天孫にお譲りになる神話。

長野県・諏訪大社での神楽奉納をつとめられています。

建御雷神(たけみかづちのかみ)の進まれる始まりの場面は、能の雰囲気そのもの、厳粛です。

前半、大国主大神と事代主神は、神の尊厳をゆったり、又、力強い口上で舞われますが。

建御雷神と建御名方神(たけみなかた)との力比べは、裾を大きく翻しながら荒々しく、息遣い激しく舞われます。




上下鼓の打ちはじめと共に、建御雷神が進まれます。手に持つ二つの弊は「貴き幣(ぬさ)」と呼ばれます。
建御雷神のどっしりとした一人舞は、鼓ひとつで舞われます。







上下大国主大神との交渉は円満に進みます。背負う広矛は、大国主の力を象徴します。






上下事代主神も快く承諾。大国主は、広矛を建御雷神へと授け、めでたく舞われます。
ここまできて、全ての楽が打ち鳴らされます。







上建御名方神登場。いかにも無骨な感じ。面は眉毛が動くタイプ。




今回、あまりにも舞子さんの口上がクリアで、別の方がマイクで合わせているのかと思うほど。

面をつけてもあれだけはっきりと伝わるのは、稽古の第一歩が、発声練習だからなのだそうです。

面と顔との隙間など、多少の工夫はあっても、やはり発声第一とお話されました。




上 『やぁやぁ』と力のこもるぶつかり合いです。




上千引(ちびき)の岩で力比べが始まります。









上足の上!いだだだっ汗




上激しさを増します。諏訪に逃げてるのね。




上下ついに降参。「貴き幣」を授かり、諏訪の地に治まり、安寧に守ると誓います。


| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
体験が面白い☆彡


上奥出雲神代神楽社中・国譲り。


ダイヤ島根ふるさとフェアに行って参りましたダイヤ

まずは出雲神楽!

素晴らしかったです。勇壮で厳かで、ユーモラスで。

写真を整理して、後日ご紹介します。


ふるさとフェア、観て、食べて、色んな体験をしました。

一日では全く足りませんね。

明日ぜひ行ってみて!と言いたいのですが、寒波のニュースと相談しながらお出掛けくださいね。



上アクアス、シロイルカのなみちゃん。


ダイヤさて今日はダイヤ

ひとりでプ~ラプラ行ったのですが。

同じくひとりプ~ラプラと来ていた、郷之崎神楽団で、神楽女子の住川裕江さんとばったり音符

1人より2人で良かった、2倍以上楽しくなりました。

まわったところ全部は紹介できませんが。

「やぁやぁ」とおばちゃん2人がはしゃいだ、ふるさとフェア漫遊記をどうぞにかっ


~石見神楽のブース(石見振興協議会)~



上お馴染みの顔が見られました。熱心で明るい接客で石見神楽ファンが増えそうなお2人。
亀山社中・大下匡さんと、西村社中・下岡望さん。



こちらでは、石見神楽のグッズ販売他、鬼棒、御幣作りができます。

3歳の男の子が真剣に鬼棒を作る姿が可愛らしくて、挑戦することにしました。

鬼棒をつくるのは初めて!興奮する~初心者



上立派な鬼棒ができたね星



上教えてくださるのは、西村社中の勘場翔太さん。



上下準備をしてもらって。



上鬼棒のヒラヒラしたとこ(何ていうの?)をカッターで切っていきます。



上うわっ我ながら、下手!ヨレヨレ。これでも丁寧にやったんですけどね。



上しかし竹に撒くと、案外綺麗に整うものです。
・・・完成品を撮るのを忘れた~!
大下さんが『真っ直ぐに切るのは難しいから、上手に、綺麗にできていると思いますよ。』と褒めてくださったので、嬉しかったですにこっ




上住川さんは御幣、めちゃくちゃ綺麗に出来てた。完敗。


~柿田面工房~

毎年出展されていますから、もうすっかり定番のブースですね。

今年も個性と迫力の面に興味を持たれる方が、好奇心いっぱいに質問されていました。

石見の匠の技ですね。




~福小槌作り~

石見の伝統コーナーでは、様々な体験ができます。

石州和紙の紙漉きや陶芸、手毬つくり等々。

“目覚める”かもにひひ



上パーツはこれだけ。この小さいパーツは、職人さんがひとつずつ糸鋸で仕上げるのだそうです。



上2つの穴にパーツを差し込むだけ。完成~。



上飾り紐は赤と紫、2種類あります。
鈴の音がとても愛らしくて幸せな気持ちになりますよ。



~神話の国 縁結び観光協会~

“縁結び観光協会”って頼もしいですね。

以前訪れた鏡の池のミニ版が登場です。



ハート型の絵馬が用意されていました。

神社に持ち帰って祈願してくださるそうです。



上住川さんは、神楽女子メンバーの、笑顔の一年を祈願されていました。
リーダーはいつもメンバーのこと考えてるよね。。。



~寒いので~

住川さんは具だくさんのカニ汁。




私はしじみ汁。しじみ沢山入っていました。

もっと美味しそうに撮れれば良かったな。




~お土産は~



お寿司にスイーツ等々。

特に玉造温泉のチーズケーキは美味しかったです。

レアチーズとスフレチーズの間に、キャラメリゼとカスタードクリーム。

キャラメリゼがとてもいい仕事してますlove

あとは、香り豊かなスモークナッツもおススメ。



上大満足。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.307038秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3296615