最強。
ダイヤ幕間のお話は山本貴範団長と・・・ダイヤ

まずは、山本団長に、新春神楽出演のお話をして頂きました。

この度、10周年の記念大会。

10年連続で出演される宮乃木神楽団と大塚神楽団の皆さんが、2演目+恵比寿舞を披露されることが決まっています。。。

『連続で出演しているので、今年は、ひと演目、更に働けと言われましてにひひ』と会場を湧かせておられました。

宮乃木の皆さんは、1月2日の出演です。

新春神楽詳細下すなっちのイベント日誌から。

http://ameblo.jp/kagura-event/entry-12084877404.html


ダイヤそして、今年話題となっている頼政のお話ダイヤ



上湯来ロッジの公演から。


ここでは、鵺を舞う山本さんが、子鵺を舞う半田蓮介くん・4歳(半田徹さん・愛息子さん)との共演についてお話をされました。

すると客席中央で「はーい!」と手を挙げた蓮くんが。

そのまま一直線にステージに走って来るではありませんかっ

しかも、靴をちゃんと脱いで、階段を上がってきました。さすがですね。

山本団長の膝の上に、ポスっと腰をかけた蓮くんは、スーパーキラキラオーラ全開です。

この愛くるしいサプライズゲスト、私は可笑しくて可笑しくて。。。

とりあえずインタビューすることにしました。

「蓮くんは、神楽のどんな所が好きな『たちまわりっ!』・・」

回答はやっ!しかも渋っ!

もうひとつ。

「お父さんの神楽を見ていて、いつもどんなふうに思いますか?」

『か~んたんっ音符

この日も、全部を持って行ってしまった蓮くん。

『いやいやいや、お父さん、すっごく頑張ってると思うよ!』という、山本団長の突っ込みも面白かった~。

だって、さっきの一条戻り橋も、半田さん、傘売り善兵の後、茨木童子を舞っていましたからねぇ。。。

お父さんの凄さに気付くころ、またこの話を蓮くんとしよ~っと。



上憂い顧みず。


~第2幕 滝夜叉姫~

佐々木崇志さんの滝夜叉姫に、田村和也さんの賊。。。。

宮乃木神楽団の柔らかさに、滲み方の違いを醍醐味のひとつと拝見しました。


大太鼓:管沢秀巳さん、小太鼓:管沢良典さん、
手討鉦:栗栖 綱さん、笛:佐野彩華さん。

大宅中将光圀:半田 徹さん、下田義親:山下瑚太郎さん、
滝夜叉姫:佐々木崇志さん、賊:田村和也さん・中村直哉さん。



































~大集合~

この日、かつてないほど、“しっくりくる”面に出逢ってしまった。。。。



上遥希ちゃん、写真撮ってくれてありがとう。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.254241秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297761