親しみ。


上首をコキッコキッと、準備万端。
『うっし!魅せるぞっ』


ダイヤ幕間のお話は、宮本千春団長ですダイヤ

先ほどの大江山では“門番”と、役割の名の付いた鬼を舞っておられました。

『一番先に切られる、弱~い鬼を舞っていましたにかっ

終始ユーモアを交えながら進むお話で、和やかな時間をお客さんと共有します。

鬼をメインに舞ってこられた宮本さんに「鬼を演じる魅力」を伺うと。

『私は普段優しいのですがにひひ鬼という、自分とはまるで違う、又、人間でもない、異界の者になりきり演じるという面白さですね。』

昭和55年、現在の「安野神楽団」への改称とほぼ同時期に神楽をはじめ、およそ35年、安野の神楽と生きる宮本さん。

若い団員さんの熱心さと、頼もしさを語られると共に。

『私は、若い団員の保護者だと思っています。安野神楽団は家族のようなものです。日々培う“和”が、良い神楽を生む原動力です。』

隣でジーンとしていますと。

『でもね、結婚とか出産とか、お祝いが沢山いりますよ~汗

これからも嬉しい悲鳴が続きますように!

9月12日、西中国競演では、旧舞・東夷征伐を舞われますグー



~第二幕 八岐大蛇~

祭りの最期は必ず大蛇!

街中などの奉納やイベントでは、新舞・旧舞の演目をバランスよく見て頂きますが、大蛇は絶対に外せないそうです。

広島市内、或いは市内に近づくほど、大蛇が喜ばれ、手応えを感じるとお話されました。

さて、安野の大蛇。。。須佐之男命・荒ぶる神の豪胆さが強く心に残ります。

又、はじめ弱々しい足名椎が、須佐の出現に力を得て活発さを発揮する姿に、親心を感じます。


大太鼓:沖野秋雄さん、小太鼓:辰川和樹さん、
手打鉦:伊田 蓮さん、笛:岡茂大作さん。

須佐之男命:山手利則さん、足名椎:宮本千春さん、手名椎:国好敏明さん、櫛名田比売:伊田智世さん、
大蛇:上端一宏さん・松本 樹さん・伊田光志さん。






上八塩折の酒、ばあちゃんからなかなかOKが出ません。
頑張って~星




上下三頭ならでは!フォーメーションが次々展開されました。

















上安野FAMILYのセンターに立たせてもらって、酒呑童子も笑っているように見えます。
一番左は、伊田光志さんと、智世(ともよ)さんご夫妻の愛息子・光希くん。1歳9か月、よちよちぷっくりの癒し系さんは、神楽と一緒に育っていきます。四葉


| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.235856秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3292996