めくるめく。


上袖から走って出て整え、走って帰る。舞台転換はスポーツだっグー

~プログラム6番 特別出演 曙神楽団 紅葉狩~

始まりは、鬼女たちの三人三様の美しさと雅な舞に。

舞台袖では『維茂が里心をもよおすのも仕方ないね』などと、皆が見惚れておりました。

が!!

獲物の姿を捉えた鬼女たちの、渦巻く魔性。

ただただ圧倒されました。

来年は、競演の部の出演でしょうか?

次回の激闘を感じさせる、挑戦状のような紅葉狩だったな~。。。


平維茂:織田和成さん、長谷兼忠:高橋孝業さん、
八幡大菩薩:上田哲嗣さん、鬼女大王(鬼大王):森脇恭平さん、
鬼女(赤蜘蛛):新宅洋太さん、鬼女(白蜘蛛):小畑龍雅さん、
小鬼:上田 航さん・小畑翔真さん。

大太鼓:山崎孝行さん、小太鼓:新宅洋平さん、
手打鉦:長本渉平さん、笛:森脇康徳さん。

















後半競演の部へ続く~。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
注ぐ。
ダイヤ千代田競演、早くも前半を結びますダイヤ

~プログラム 5番 春木神楽団 滝夜叉姫~

悲嘆に、怨み辛みを燃やす五月姫、熱演でした!

奏楽の皆さんの『はいっはいっ』という掛け声(合いの手?)も見事に一つに揃って、胸が弾みます。

春木の皆さんの気持ちが伝わってくるような34分48秒の舞台です。

『自分たちの特徴と強みは若さです。悔いなく力いっぱい舞って、その気概を感じて頂けたら嬉しいです。』

神降しに続いて、藤本将太団長のお話です。

山口周平さん(鬼竜丸)の個人賞、おめでとうございます!

大宅中将光圀:森下祐之さん、山城光成:高濱弘幸さん、
滝夜叉姫:木船勇輔さん、鬼竜丸:山口周平さん、
海竜丸:小田慎二さん。

大太鼓:藤本将太さん、小太鼓:小山渓太さん、
手打鉦:藏升美菜さん、笛:神田佳保さん。























上舞の部個人賞:山口周平さん。
春木の団員さんの励みとなる受賞です!


写真が沢山になったので、続くっ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
舞台の表、裏。
ダイヤあっつーいっですねダイヤ

街中の徒歩移動は、まるで沼の底を漂うような。。。

スポーツドリンクに塩!で乗り切りたいと思います。

では、千代田競演続けます。



上舞台袖の計測担当さんも緊張感いっぱい。
特に旧舞は、大太鼓の終わり方にそれぞれ特徴があり、要注意なのだそうです。


~プログラム3番 蔵迫神楽団 日本武尊~

先輩方の代からの代表演目。

舞い方も、教わった形からほとんど変えないよう、今につとめておられます。

シンプルな構成の中に、悲劇の英雄の情感と登場人物の個性が濃く演じられ、ドラマチック。

それにしても武尊はほとんど舞台に出っ放し。ものすごい集中力なのでしょうね!

日本武尊:竹明昌範さん、弟橘姫:能海有里枝さん、
日本姫:山手浩二さん、
賊:小下聖爾さん・中祖政明さん。

大太鼓:藤本治幸さん、小太鼓:栗本 裕次さん、
手打鉦:唐立充郎さん、笛:藤原祥典さん。





上『汝を東へ連れ行くぞ』雄々しい武尊。





上海中へと身を投げる弟橘姫。



上武尊の痛み。










~プログラム4番 上本地神楽団 山姥~

今年力を注がれている演目です。

上本地神楽団の皆さんの、異なった表情を拝見できたような気がします。

怪童丸の門出の支度を、母だけでなく、頼光・綱も共に見守る場面が印象的でした。

団体の部準優勝、そして笛の沖本周子(ちかこ)さんの個人賞、おめでとうございます。


源頼光:福本慎吾さん、渡辺綱:天野源士さん、
山姥:後 悟志さん、怪童丸・坂田時之:金平義政さん。

大太鼓:小野川 諒さん、小太鼓:岩本 学
手打鉦:中島 蘭さん、笛:沖本周子さん。





















上沖本周子さん。一緒に喜んでくれる、同志でライバルたちと。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.254592秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3292996