訓。
ダイヤ幕間のお話は、佐々木 正団長ですダイヤ

まずは、9月の豊平競演のご案内。

今年40回の記念の年、皆で力を合わせて盛り上げたいとお話されました。

そして11月には、そば祭り。新そばを食べに来てね音符と、秋の豊平のご紹介でした。


さて、振り帰って頂くと。

佐々木団長は、神楽を初めて38年。

先輩方から一番初めに教わった役は、葛城山の頼光。

姫も神も鬼も様々に舞ってこられた佐々木さんの中でも、この役には当然、競演での緊張感など様々な想いがあります。

しかし、当時の先輩方が繰り返し指導されたのは。

「幣は何より大事なものだ、絶対に下に付けるな、注意を払って扱え」という訓え。

舞の技術よりも何よりも、神楽の本願を形にした、幣のことだったそうです。

この定期公演にも、スタッフが“チロル”と呼ぶ、天蓋が付けられています。

天蓋の下に集う、一期一会を思います。



上悲劇の英雄の物語は、最初から物悲しさが漂います。
源義経:堀田智治さん、武蔵坊弁慶:長木 健さん。



~第二幕 壇乃浦~

幾つかの神楽団が保持されている「壇乃(之)浦」。

続いて佐々木団長からのご紹介は。

神楽団によって描き方が違う面白さと、若い団員さんが熱心に舞い継がれる頼もしさ。

また、この定期公演の機会に、今吉田の壇乃浦を観て頂ける喜びを語られました。



上下前半部分では、壇ノ浦の源氏の勝利と、平氏滅亡の知盛の無念が描かれます。
平知盛:吉田和雄さん、能度守教経:井上 節さん。








上平家打倒に喜び勇んで凱帰しようとする義経。
しかし、思いもよらない頼朝との確執が待っています。




上一方、知盛は怨念の塊となってその時を待ちうけます。



上そして物語は後半。
頼朝から追われる身となった義経一行。
静御前:松本一樹さん。




上海路・大物浦で出現した知盛の亡霊。
弁慶の法力によって打ち払います。
亡霊:木村隆之さん。




上遥か東国を目指す義経一行。静御前との別れの酒宴。
義経の『しばしの別れ』という言葉が悲しいです。




上離れがたい二人。
心を鬼にして引き放つ、弁慶。



ダイヤ葛城山上演中、インパクトの強かったダイヤ

土蜘蛛の面を被らせて頂きました。

お隣は、大太鼓の石川一義さんです四葉

管沢面で、およそ20年前位の面と伺いました。

『こんな大きな面で、あんなに激しく舞うんですね!』と驚いていましたら。

この面は顎がしゃくれて長いので呼吸がしやすく、他の面と比べて舞いやすいんですよ、とお話されていました。

ヘ~ (゚∀゚ノノ ナルホドッ



上大きさがよくわかるでしょ音符
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.780485秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3287939