うちの父ちゃん姫なんだぜっ。
ダイヤ週末は神楽三昧させて頂きましたダイヤ

土曜の夕方、競演が始まってしばらくの間、千代田はびっくりするような雷雨でした。

屋外で作業されていた皆さんは、びっしゃんこでしたが、風邪をひかれていませんか?

治りにくい季節です。気を付けながら夏の神楽を楽しみましょうね。

では、前回の広島神楽定期公演。

今吉田神楽団の皆さんをご紹介します。



上遠くまで響き渡る、清々しい全力奏楽でした~!



上豊平競演、応援に来てね~!!


ダイヤこの日も梅雨空でダイヤ

ポツリポツリと降り始めた雨の中、沢山のお客様にご来場を頂きました。

広島神楽を代表する葛城山に続いて、日本の歴史に残る英雄・義経の物語。

神楽のもうひとつの面白さを見て頂きました。

撮影会も団員の皆さんに大きなご協力を頂いて、衣装をはじめ、様々に観て触れて頂き、お客さんの“感激”の余韻を連れて帰宅しました。



上土蜘蛛の物語の中に、頼光の気高さ、武勇が描かれます。
源頼光:堀田智治さん。



~第一幕  葛城山~

熱心な先輩方から受け継ぎ、県競演や豊平競演などで入賞を果たした、思い入れの強い演目です。

前半は頼光と胡蝶(化身)の緊張の展開となり、後半は神と鬼との激しい対決となります。

その合戦の奏楽と舞い方は独自のもので、前列の神楽ファンの方々を魅了するものでした。



上手元の繊細な作業、女性らしい指先の所作に見惚れます。
胡蝶:松本一樹さん。




上頼光が毒を飲む緊迫の場面。奏楽の方の表情も舞台のひとつですね。
大太鼓:石川一義さん、小太鼓:石川悠祐さん、
手打鉦:井上穂乃香さん、笛:長木 恵さん。


胡蝶の松本一樹さん。

神なども舞われるそうですが、経験を重ねた上で、自分の気質に合うのはやはり“姫”とお話されます。

特に胡蝶は、ひとつの役の中にある舞分けに感興尽きず。

客席からは見えないであろう細かな所作、目線の中に自分の胡蝶を育てられます。

『胡蝶が好きで舞っていると、胡蝶になるんでしょうね。。。頼光が毒薬を呑んで目の前で倒れると快感ですからにひひ

大きな励みは、毎晩、家のテレビを占領して神楽のDVDに合わせて舞う子供さんたち。

好きな番組もカープも全っ然見られないそうですが!

『神楽を見に来て、僕が姫の姿で舞台に進むと“あっ、父ちゃん”って声が聞こえてきます。』

父ちゃんは姫なんだよ~。神楽の里で育つ子供たちならではのトキメキですね四葉

では、父ちゃんが姫から変わっていく様子を見てちょ下

















上すでに頼光より“蜘蛛切丸”を授かり成敗の勅命を受けています。
卜部季武:長木 健さん、坂田金時:吉田和雄さん。




上下大きな面もインパクトがありますが。
ここからの合戦、奏楽・舞!面白いです!!
土蜘蛛の精魂:木村隆之さん。




続くよ~。 


明後日24日(水)の定期公演は

飯室神楽団の皆さんです。

定期公演初の大楠公の上演です。

安佐北神楽発表会で、舞子さんも奏楽さんもお客さんも泣いて。

私もお化粧がほとんど落ちた思い出があります。

神楽で描く日本の歴史・英雄の姿をぜひ観に来てください。

6月24日 (水) 開場18時 開演19時

広島県民文化センター 

082-245-2311

飯室神楽団:大楠公 八岐大蛇

6月は梅雨月、スタンプ2倍キャンペーン開催中。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.236746秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3287941