青い鳥と暮らす。


上ジモティの三上広隆さんに“ブッポウソウ音頭”を少し見せて頂きました。

♪青い鳥~♪ 翼を広げて右左にピョンと飛びます。

《町民とブッポウソウの一体感を表現した踊り》なのだそうです。



ダイヤ幕間のお話は、岩岡 泰信団長ですダイヤ

新鮮で豊富な話題に、湧きました。

三次の故郷自慢は3つ。

ひとつめ。三次の夏の風物誌・鵜飼。

『鵜船の篝火は幻想的で、、鵜匠の巧みな手さばきは、見事です。鵜もよく見ると、クチバシに魚を咥えて上がってくるのもいるし、呑み込んでいるのもいるしね。。。』

巴橋を背景に、格別な夏の一夜。

岩岡さんがキラキラとお話されるので、本当に行きたくなりました。


ふたつめ。生息数日本一!森の宝石・ブッポウソウ。

伊賀和志地区は、特に数が多く、岩岡団長の家のすぐ近くにも巣箱があり、毎日姿が見られるそうです。

『青い羽、赤い嘴、綺麗な鳥ですよ。でも鳴き声はグエッグエッと、見ためと全然違いますね。早朝がねらい目です。』

岩岡さん、鳥好きですね。。。私と同じ匂いがしますにひひ


みっつめ。8月14日に伊賀和志の伝承館で開催される夏祭り!

神楽と盆踊りと、ブッポウソウ音頭で盛り上がります。

演目はまだ未定ですが、お客様大歓迎です。ぜひ足をお運びください。




上最初は、じいばあ姫、三人の情感漂う様子です。
八重垣つくるその八重垣を、と歌われます。

足名椎:藤岡勝美さん、手名椎:下岡浩之さん、
奇稲田姫:松田泰絵さん。

大太鼓:岩岡泰信さん、小太鼓:三上広隆さん、
手打鉦:原田美香さん、笛:岩岡真実さん。





~第二幕 八岐大蛇~

節つきの口上に聞き惚れる大蛇。

技を披露しながら、神楽の和やかさ全開です。



上じいちゃん、ばあちゃんが『イケメン』と絶賛する須佐之男命。
岩岡純二さん。




上親子別れはしんみり。何度も何度も振り返る姫。



上『姫はかわゆうなったのぉ。』『わしの若いころにそっくりじゃあ。。。』『御神様がイケメンでよかったのぉ』
娘の結婚式の後の、一般家庭の会話みたいにかっ




上じいちゃん、ばあちゃんが大ウケで、出番がなかなかこない大蛇。



上黒雲を引き連れて、どろどろどろ・・・と出てきます。
大蛇:中村哲明さん、河野英幸さん、岩岡勝美さん、佐伯洋哉さん、
松田直人さん。




上2ペアとソロで技を披露。



上お見事!どこがどうなっているのか、どう声を掛け合っているのか。。。凄いですね。



上この大蛇の頭型は、数十年と、もうかなりの年代ものだそうですが。
柿田神楽面に修理に出した際、目にLEDライトを入れてもらい、最新型となって帰ってきました。





上いよいよ高まる緊張感グー



上力強く、華麗な須佐。
荒ぶる神が、英雄へと昇華するめでたい物語です。



~写真は、原田美香さんと~

2演目とも、手打鉦をつとめられた原田さん。

伊賀和志の神楽で育ち、中学生のころ入団され、神楽が好きで好きで・・・

そんな思いが手打鉦と合いの手に込められて、お客さんも盛大な拍手を送られていました。

個人御花も出るほど!評判の人気者なんですね星



上面は、山伏で使用された鬼女面。なんと市木面でした。
またカメラが勝手に水彩画調になっちゃって・・分かりづらいかな~。


| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
応援に駆け付ける。


上柔らかな雰囲気に、つい足を止める人が多いのです。



上神話の怪物と、伝説の悪狐。童心に返る時。


ダイヤ前回の広島神楽定期公演はダイヤ

三次市から、伊賀和志(いかわし)神楽団の皆さんでした。

神楽団の控室を尋ねて来られる方も多く、出身者の方々の「待っていました」と「嬉しさ」が、会場いっぱいに広がりました。

伊賀和志神楽団は、江の川沿いの旧・作木町で、昔ながらの神楽を継承。

街中のホール舞台が、別世界に染まります。

裸電球や硝煙の匂い、氏子さんとの素朴なやりとり・・・懐かしい神社の境内を思い出して頂いたのではないでしょうか。



上山伏:河野英幸さん、剛力:藤岡勝美さん。
始めに山伏道を説きます。
「山伏といつぱ・・・」髪・頭襟(兜巾?)・袈裟、と上から下へ。
酒呑童子と山伏の問答の場面を思い浮かべます。



~第一幕 山伏~

「趣」という表現がピタリ!

阿闍梨祐慶さんは気高く。剛力さんはテンポよく物語が進みます。

悪狐も出てくるし、おまつりなどに欠かせない賑やかな演目と思っていましたが。

『口上もマニアックで、どちらかというと、神楽をよく知っておられる土地・神楽どころで喜んでもらえる演目ですね。』大太鼓の岩﨑政彦さんにお話を聞かせて頂きました。



上柴の戸。歌の掛け合いに聴き入ります。



上出ました妖女。もちろん狐。
妖女:三上広隆さん。




上山伏と剛力に気付いて、驚いた様子。



上女には山伏修行は無理、と諭した途端に。
これならどうだと、鬼女に変化。



が!あまりの素早さに、写真が全く撮れませんでした。。。しくしく




上そこで、里人にこの辺りの様子を聞いてみると。
『安達ヶ原には人を喰う、変幻自在の悪狐が出るんよ~。早々に逃げんさい。』(※口上簡略化)里人:下岡浩之さん。




上逃げる山伏と剛力。しかし法華経による祈祷(護身心法?)も虚しく。



上剛力さんは瞬殺でした。



上愛嬌というより、「悪」に徹した狐。
悪狐:岩岡勝巳さん。




上三浦之介:岩岡慎治さん、上総之介:佐伯洋哉さん。
勇ましく、高らかな口上!




上 「どっこいどっこい」という奏楽の皆さんの合いの手が、舞手さんにパワーを注ぎます。

大太鼓:岩﨑政彦さん、小太鼓:松田直人さん、
手打鉦:原田美香さん、笛:坂根菜津美さん。


続く!


明日の定期公演は

今吉田神楽団の皆さんの登場です。

昨年、神楽マラソンで大とりをとられた壇乃浦を舞って頂きます。

葛城山と壇乃浦、物語性豊かな2演目ですね。

6月17日 (水) 開場18時 開演19時

広島県民文化センター 
082-245-2311

※6月は梅雨月、スタンプ2倍キャンペーン。
ぜひぜひ、お越しください。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.244947秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3296527