天降りました。


上天照大神より詔を賜り、鈿女命は八衢へ赴きます。

第一部 神楽誕生の物語

~第三幕 宮乃木神楽団 天孫降臨~

天照大神は『日本の国を、幾千年も、豊かな稲穂の実る国にしたい』と念願され。

自ら高天原で育てられた稲穂を瓊瓊杵命に授けます。

天孫降臨の後、神武などの活躍により、米作りは全国各地へと広がっていきます。

(文:石井誠治さん、一部抜粋)

岩戸、国譲、天孫降臨と、神楽の描くスケールは大きいですね。。。

天照大御神(お告げ)田村和也さん、鈿女命:半田 徹さん、
猿田彦命:山本貴範さん、天の忍日命:佐々木恵太朗さん、
天津久米命:中村悠哉さん。

大太鼓:佐々木崇志さん、小太鼓:管沢良典さん、
手打鉦:栗栖 綱さん、笛:中村直哉さん。



上大神より授かった広矛、二岐矛なのですね。




























第2部へ続くよっ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
献上しました。


上ほっこり親子。


第一部 神楽誕生の物語

~第二幕 大塚神楽団 八岐大蛇~

大蛇から出てきた天叢雲剣。

出雲を中心に発展していた、古代の鉄づくり・タタラの鉄文化を表すと考えられ、生産性の高い農耕具等などを作り米作りが広がっていきます。

古代国家が出来上がるためには、国造りの基となる“稲作”と、それを発展させる“鉄”が重要な役割を果たしていたことを伝えます。

舞台対角線上で須佐と大蛇が睨み合う、白熱フォーメーションが印象的でした。

(文:石井誠治さん、一部抜粋)

須佐之男命:泉田瑞男さん、足名椎:小田頼信さん、
手名椎:斎藤 潤さん、奇稲田姫:竹田愛唯さん、
大蛇:川角勝則さん、金崎 彰さん、木村 豊さん、
佐々木翼さん、長田淳一さん、井上隆太さん。

大太鼓:竹田淳一さん、小太鼓:植田伸二さん、
手打鉦:田﨑勇太さん、笛:梅田好美さん。



上追放された荒ぶる神が英雄神となる、特徴的な神話ですよね~。























宮乃木神楽団 天孫降臨に続きます。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.288421秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297569