今日は何色?
ダイヤ幕間のお話は・・・ダイヤ

山崎 豊治団長です。

ご存知「栗栖のとよちん」。

神楽歴37年の、栗栖神楽団の親分を、畏れ多くも「とよちん」と呼ばせて頂いております。

いつか、誰かに怒られるような気がします。

さて、とよちんに、初めに伺ったのは。

神楽団のひとつの柱として大切になさっている、競演大会への思いと意気込みです。

技を競うこの舞台が、日頃から、心身ともに団員を磨いてくれること。

応援してくださる方の喜びとなるように頑張りたいと、真っ直ぐなお気持ちを語られました。

6月6日、戸河内競演が控えています。



続いては、この日の2演目に登場した、美しい御幣について。

栗栖神楽団では、御幣、天蓋共に、山崎団長のお仕事です。

その豪華な御幣は、舞台毎に作り替えられるものですが、その都度少し違っていて「いつまでも勉強」なのだそうです。

・・・お招きする神様の依り代となる、御幣や天蓋。

「やはり清らかな心持ちで作業されるのでしょうか?」

と質問してみました。

『そうですね。多少、心が黒い時もありますが。。。浄化されていく感覚がありますね。』

天蓋を揃えるには、かなりの労力となるようです。

その重労働の分だけ、神々がおりてこられるような気がします。



上観ていて落ち着く風格の須佐。
須佐之男尊:松浦幸大さん。



~第2幕 八岐大蛇~

じいちゃんが、広島弁でお送りします。

まつりの雰囲気を楽しんでください!とご紹介がありました音符



上須佐が大蛇の大きさを尋ねますと。
『マツダスタジアムほどの大きさじゃけぇ。』

足名椎:松浦勇雄さん、手名椎:山崎豊治さん。
奇稲田姫:水口慧吾さん。




上一筋縄でいかない、じいちゃん。
ばあちゃんで手を打たないかと、交渉中。




上そうこうしているうちに。

大蛇:吉本登志充さん、山崎大介さん、山藤龍児さん、岩崎義隆さん、板村 駿さん、水口慧吾さん。




上ピンク色、います。



上オレンジ色の大将からお酒を呑むよっ。



上機嫌よくひと暴れした後は・・・



上大太鼓、山本洋治さんの『気を付け!』という号令にピシッと揃って。



上一斉に前に飛び出していきましたが、あれ?白の大蛇は?
・・勢い余って客席に落ちていましたにかっ
(大丈夫でしたか~?)




上下須佐が囲まれてるっ!





上あっ汗



上幾度かのピンチをものともせず。



上大将が成敗された際の、奏楽の皆さん、誇らしげです。
大太鼓:山本洋治さん、小太鼓:池田実成さん
手打鉦:益田雅史さん、笛:二井萌香さん。



~終演後~

ピンクの大蛇に変身して、とよちんと四葉



上いえ~い。


明日の広島神楽定期公演は

広島市・下河内神楽団の皆さんをお迎えします。

大江山と八岐大蛇です。

初見の大江山を楽しみにしていま~す。

6月3日(水)6時開場 7時開演
広島県民文化センター
(082)245-2311

6月は梅雨月につき、ポイント2倍。

お誘いあわせの上お越しください花

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.266706秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297574