new天神。


上県民文化センター前の呼びこみ神楽。
“怖っ汗” でも、怖い狐も人気者でしたきつね


ダイヤでは先週の広島神楽定期公演ダイヤ

吉和神楽団の皆さんをご紹介します。

昨日も競演での活躍を取り上げたばかりですね。

さて!

その吉和競演のひとこまですが。

あの日は本当に、麗らかな春模様のいちにちで。

ウグイスが一際大きく囀る声に、足を止め、聞き惚れていました。

そこへちょうど通りかかった、吉和神楽団の能島(のじま)文範団長に。

吉和のウグイスは歌が上手ですね!と声をおかけしましたら。

『うん、あれらぁはプロじゃけぇね。』とひとことおっしゃいました。

あれからウグイスの声を聴くたびに“あ、プロが歌ってる”とほっこりします四葉



上郷土で育てられた日本の“美”です。
菅原道真:深瀬憲司さん、随身:真田健太さん。



~第一幕 天神~

天神は吉和の十八番演目でした。

時代の流れの中で舞う機会を失い、10年くらい経ってしまいましたが。

新配役で、これから再び力を注ぎます。

又、吉和神楽団の旧舞は、堀神楽団より師事され、当時習った神武を天神として整え舞っている、というお話もありました。



上道真を都へと促す随身。随身って大事ですよね~。



上奏楽の皆さんも、随身の言葉に賛同するような、神妙な表情です。
大太鼓:矢崎翔太さん、小太鼓:山本博之さん、
手打鉦:山崎 幸(こう)さん、笛:佐藤信治さん。




上合戦を“舞う”。

※合戦は、上手には撮れていませんが、雰囲気だけ・・・




上両者互角の勝負が続きます。
藤原時平:山本正也さん、賊:小田真也さん。




上採物などを変えながら、ヒートアップ。



上翻る衣装の裾も綺麗だぁ。



上権力の鬼と化した時平は討ち取られます。



上天を仰ぐ嬉し舞。

例の、あの演目に続く。。。。


明日・27日(水)の定期公演は

栗栖神楽団の皆さんです。

塵倫と八岐大蛇。おまつりのポピュラー部門の柱となる2演目ですね!

ぜひ声を掛け合ってお運びください。

広島県民文化センター(中区大手町)

(082)245-2311

6時開場・7時開演

もちろん撮影会もあります。

このお時間、ぜひ神楽団の方とお話もしてくださいね音符

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |


| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.325487秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3293041