邁進。
ダイヤ今夜は、吉和競演を結びますダイヤ

どっか~んと紹介しちょうよっ

イエーイ d(o´▽`o)b ドウゾ ゴユックリ


~プログラム11番 塵倫 吉和神楽団~

絶大なる声援の中で幕を開けました。

一昨年、同演目で旧舞の部を、準優勝で飾り。

今年こそはと言う、恐ろしいほどの真剣さは、正に“鬼気迫る”に映ります。

競演にかける実直さは、見ているお客さんの気持ちも熱くします。

一丸の気合を、旧舞・塵倫の、重厚で格調高い演技へと昇華されているように感じました。

次なる舞台へのエールをこめて。

改めて、旧舞の部 準優勝おめでとうございます。



上仲哀天皇の威厳、勇ましさ。高麻呂の忠実さ。
仲哀天皇:小田真也さん、高麻呂:山崎翔太さん。




上旧舞の鬼の味わい。
塵倫:山本正也さん。




上奏楽さん、舞子さん、裏方さんの力。
大太鼓:佐藤信治さん、小太鼓:山本博之さん、
手打鉦:山崎英治さん、笛:真田健太さん。




上指の先から足の先まで、その役柄を演じます。



上音響席から。まだまだこれからひと暴れ・・・という場面です。


~プログラム12番 滝夜叉姫 桑田天使神楽団~

今年は新春神楽で始まり、東京公演も盛況に務められ、喜び事が重なりますね。

この度は、若い力で挑む滝夜叉姫。

これから、更に磨き、自信をつけていきたい演目だとお話されました。

それぞれの役柄に情を込めて舞われる、息の合った舞を拝見しましたよ~。

新舞の部 優勝おめでとうございます。



上落ち着きと、雄々しさで舞われます。
大宅中将光圀:泉 竹千代さん、山城光成:吉川茂樹さん。




上滝夜叉姫:日垣貴博さん。
百足の衣裳が特徴的!今度見てくださいね。
それにしても日垣さん、普段とのギャップが魅力的ですにひひ




上下お互いの息づかいを感じることで、自然に舞が揃うのでしょうか。
夜叉丸:平野 聡(あきら)さん、蜘蛛丸:今井 哲さん。






上跳!
大太鼓:藤井伸樹さん、小太鼓:岡原尚斗さん。
手打金:佐々木高美さん、笛:池田 拓さん。




上34分、40秒の熱演でした。



上笑顔晴ればれ。


~プログラム13番 伊服岐山 特別出演 東山神楽団~

昨年、新舞の部優勝から、凱旋上演ですね。

(最終決戦の)大鬼人を舞われた、増田智也さんの本番前のお気持ちです。

『特出だから気持ちを緩めるとか、手を抜くということは一切ありません。
さすが昨年優勝した団体だと、お客さんに納得して頂くために、前回よりも良い舞を観てもらおうと思っていますグー
 
いつもながらスカっと爽やか~。

15回記念大会のとり。

今年の大会の印象と来年への期待を背負う大役でした。



上東山は“伊服岐山”。その世界を満喫しましょ。
大鬼人:中原秀成さん、鬼人:隅中康昇さん。




上弟橘姫の失意に疲弊する日本武尊。
弟橘姫によく似た宮簀姫に心を揺さぶられ、大鬼人征伐に向かいます。
日本武尊:出上忠美さん、音丸:中谷克志さん。




上武尊と剣の運命が狂ってしまう時。



上これが伊服岐山だ~!
大鬼人:増田智也さん。




上「伊服岐山 昼も日はなく 黒雲の かかりて夜は 時雨くるかな」

大太鼓:米田 剛さん、小太鼓:有田雅俊さん、
手打金:岡広 徹さん、笛:米田篤史さん。



来年の吉和競演は、4月23日・土曜日の予定です。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.24105秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297659