なるほど鑑賞。
ダイヤ幕間のご挨拶は小笠原 由起夫さんダイヤ

「大蛇の組み方には名が付いている。」というお話をして頂きました。

同じ組み方でも、地域や神楽団で多少の違いがあるということでしたが。

この日ご紹介頂いた名は、豊平だと大抵通じるものだと言うことでした。

綱や合掌やナイアガラ・・・

皆さんも納得しながら、いつもと違う鑑賞をして頂けたのではにかっ?!



上手塩にかけて育てた娘との、別れのひととき。
手名椎:下鉄穴 清さん、足名椎:山本靖也さん、奇稲田姫:迫田 美咲季さん。


そして、ぜひ豊平に足を運んでもらうためのイベント案内では。

5月・原東(志路原)の大花田植えや、9月・40回記念大会となる豊平競演について、意気込みを語られました。

記念大会は、全神楽団で何か計画されているようですね。楽しみにしています!

お客様にはこの舞台を、ますますひとつのきっかけにして頂きたいと思います四葉

~第二幕 八岐大蛇~



上婆ちゃん、逃げ場をなくして右往左往。



上押し寄せる波の如く。。。



上《合掌》



上《ナイアガラ》



上時に濁流にのみ込まれながら。



上素佐鳴尊:林 茂さん。
高らかな喜びの口上に、会場が聴き入りました。




上手で頭を持ち上げてみました・・すごく重いんですね。


明日の定期公演は

鈴張神楽団の皆さん、山姥と滝夜叉姫です。

目を凝らし、耳を傾ける公演となりそうですね。

お待ちしています音符

4月15日(水)6時開場 7時開演
広島県民文化センター(082)245-2311

※4月22日 あさひが丘神楽団・上演演目、変更です。

①滝夜叉姫

②戻り橋(後編)から、土蜘蛛に変更。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
鬼に誘われる。
ダイヤ先週の広島神楽定期公演ダイヤ

上石神楽団の皆さんをご紹介しま~す。

開場前のエントランスに登場した、酒呑童子と茨木童子。

通行人の皆さんは、はじめおっかなびっくりでしたが。

親切な鬼さんたちとの記念撮影に、はしゃいでおられました。

本番前のひと仕事、ご協力ありがとうございますにこっ



上『見に来ないと、大江山に連れて帰るぞ~』くらいの凄味のある呼び込みなのですよ。

ダイヤ明治31年、上石奏楽会として発足ダイヤ

当時の台本が残っており、岩戸や塵倫など数々の演目がみられるそうです。

以降、時代のあおりの中で、1年も休むことなく神楽を奉納してこられました。

上石の神楽を守ってこられた先輩方に敬意をもって“古き良き六調子神楽”を継承されています。

明るい高校生たちの活躍も光ります!

~第一幕 大江山~

頼光(よりみつ)・金時の、重たく雄々しい舞に、気持が引き締まります。

又、風をまとって幕から出てくる姿、とても決まっていて、ドキドキしました。

そして、酒呑童子の感情豊かな口上・しぐさ。

初めて神楽をご覧になった方は、恐ろしいはずの鬼が大好きになってもらえたのでは、と思います。

2015_0408_190635-DSC01419.jpg

上酒呑童子:佐々木紘治さん、茨木童子:大田賢司さん。
はじめに姫取りがありまして。




上その後“鬼の衣装見せ”が舞われます。昔ながらの大江山の世界。。。



上住吉大明神から授かるのは「神便鬼毒酒(しんべんきどくしゅ)」です。住吉大明神:広増一宏さん。



上紅葉姫との出逢い、住吉大明神の計らいでしょうね。
紅葉姫:溝下 はるなさん。




上都のお酒を前に、そわそわ子供の様になってしまう酒呑童子。



上宴を盛り上げ、酔いがまわるよう鬼たちをよく動かす頼光と金時。
源頼光(よりみつ):山本靖也さん、坂田金時:下鉄穴 崇さん。




上力強い合戦も、手の先まで美しい!

続くっ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.24099秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3286187