桜と夜神楽。
ダイヤあさきた神楽、後半に入る前にダイヤ

来週末土曜日のご案内です。

恒例の「湯の山温泉 さくらまつり(前夜祭)」。

和田の枝垂桜と神楽は如何ですか~。

4月初旬の湯来町の夜ですから。

防寒は、大袈裟なくらいでお願いしますグー

お待ちしておりますにかっ

湯の山温泉さくらまつり・前夜祭

4月4日(土)18:00~22:00頃

クアハウス湯の山前特設ステージ
(佐伯区湯来町大字和田443)

水内神楽団「悪狐伝」「長門彦島」「紅葉狩」

特別出演 三谷神楽団(安芸太田町筒賀)「鍾馗」

※雨天の場合は、会場はサンピアゆき (湯来町和田333)に変更です。



上水内神楽団 悪狐伝。昨年さくらまつりから。
すごく楽しみです四葉

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
存在感。


上名物・おろち大福。食べるのもったいな~い。

ダイヤ昼間は暑いくらいですねダイヤ

やっと、タイヤの交換しました車

では今夜も、あさきた神楽発表会から~



上屈辱。茨木童子:横山 誠樹(ともき)さん。

~第五幕 亀山神楽団 茨木~

ご存知、真柴。人の情に付け込む、鬼の鬼たる所以の物語。

『地元の皆さんに、茨木と言う演目をもっと知って頂きたい。』という気持ちを込めての披露です。

さて、ここでの注目は、森本健二さん演じる真柴。

細やかな所作ひとつ、侘しさに満ちた口上ひとつに心を奪われます。

―老女を舞ために、何かしら参考にしておられることがあるのでしょうか?―

『自分の中に湧き上がるイメージで所作を作っています。少しずつ進化させたい。』

控えめな話しぶりの中に見える執心が、亀山神楽団の茨木を育てます。

《心なき 身にもあわれはしられけり 知りたつ沢の 秋の夕暮》



上その佇まい。



上真柴を慕う気持ちから、疑うことをしない綱。
渡辺綱:岸岡 建吾さん。




上どちら側の気持ちになって奏でられるのでしょう。
大太鼓:大田 拓我(たくが)さん、小太鼓:岡崎 雅也さん、
手打鉦:川后 愛夏さん、笛:倉本 めぐみさん。




上下茨木童子の思い通り。





上どう料理してやろうか・・・。



上頼光、加戦。四天王たちとの繋がりの深さを感じます。
源頼光:下河内 貴文さん。




上不利になった茨木は大江山へと逃げ帰ります。が。茨木の勝利でしょうね。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.270263秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297568