鬼の気持ち。


上はじまるよ~。

ダイヤ今日から少しずつダイヤ

あさきた神楽発表会をご紹介してまいります。

春浅い3月初旬、安佐北区の風物詩となる発表会です。

今年は9回目の開催で、すでに10回開催に夢が膨らむところですが。

安佐北区は、安佐南区と同じく昨年夏の大災害の被災地です。

開会式では、今一度神楽の本来の願いに立ち返り、亡くなられた方々のご冥福をお祈りし黙祷を捧げ。

被災者や突然の悲しみに会われた方々に、お見舞いを申し上げました。

こうして毎年、何かを重ねて開催できることも、本当は当たり前ではなく。

今年も皆で集えたことに感謝ですね。

では、安佐北区の一二神祇神楽を代表して出演された、小河原火舞保存会の皆さんからです。



上神降しの幣は、他の幣より大きいのだそうです。
太夫:金谷 晃一さん。


~第一幕 神降し~

故郷のお囃子が響き、厳粛に進む清めの舞はとても気持ちが良いです!

天照大御神やイザナギイザナミと、神々に直接呼びかけながらここへ降りたまえとうたわれ、身が引き締まります。



上大太鼓の山下 達司さんは、春から高陽中学校に進む12歳。
小学校1年生から6年間頑張ってきて、舞も楽もこなします。自慢の後継者です。


~第3幕 大鬼小鬼~

この演目大好きなんですよね~にかっ

あらすじ
棲みよい国造りに、諸々に謀反を抱き背く者を鬼とし、二人の神様が退治する。
はじめ、杵築大明神が弓矢で小鬼を射止めるが、生き返って悪事を働く。
次に縛朗の尊が縄を以て鬼を退治し、国造りの夜明けとする。


保存会によって多少の構成、舞い方は違いますが。

大人子供入り混じり、手を叩き笑いながら面白がる深秋の夜長、目に浮かびます。



上ここで笛をつとめた(交代で吹きます)大谷拓光さん(左から2人め)。小学校1年生から神楽を初めて9年。春から高校生です。
地域文化を継承する努力に対し、今年1月、広島市教育長賞を受賞されました。おめでとうございます四葉




上杵築大明神が狙いを定めます。
大鬼は、中鬼・小鬼を常に後ろに守っています。




上あらら・・・。
小鬼の田川幹太さん、狩小川小学校4年生。同じく小1から神楽を初めました。これから楽しみだねっ音符




上魔術で必死に蘇らそうとする大鬼と中鬼。健気!
大鬼:阿倍 稔さん、中鬼:山下 達司さん。 




上・・・の姿を傍らで見つめる杵築大明神。何を思うのか。杵築大明神:竹本 正浩さん。

2015_0308_101929-P1480531.jpg

上生き返ってすっかり元気な子鬼。大鬼、中鬼も嬉しそう。
魔術の効力で更にパワーアップした様子を相撲で現します。




上しかし最後は縛朗によって退治されてしまうのです。
完全に、鬼に情が移っちゃうね~。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.260741秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3299095