ご案内。
ダイヤ明後日の22日(日)の月いちの舞についてダイヤ

先日もご案内しました通り、今月のテーマは「鎮魂 東北の物語」。

この度の4つの演目は、何れも福島県を中心とした物語となります。

今回の趣旨から、今月の月いちでは、東北ご出身の方を招待させて頂きます。

各広報で、20名様となっておりますが、東北地方の出身の方は、いらっしゃった時に、念のため受付で声をお掛けください。

お誘いあわせの上、お越しください。お待ちしております四葉

広島・島根交流神楽 月一の舞い
鎮魂 東北の物語


3月22日(日)千代田開発センター
開場11時 開演12時

前売 1,200円 当日1,500円 小・中・高生500円(当日のみ)

滝夜叉姫 東山神楽団
奥州安達ヶ原の鬼女 八重西神楽団
黒塚  日脚神代神楽社中
勿来の関 梶矢神楽団

問:北広島町観光協会 電話0826-72-6908
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | その他 |
出番ですよ~。
ダイヤ今日は、娘の高校の制服採寸でしたダイヤ

あの「いとや」へ行ってきましたよー。

他の高校の制服もズラリと並んでいて、新鮮な眺めでした。

それにしても凄いですね「いとや」星

ダイヤそれでは、横谷神楽団30周年の会ダイヤ

前半を締め括るのは主役の皆さんです。

準備・運営・おもてなし・・・舞台の袖や後ろで、休むことなくクルクルと働きながらの熱演です。



上山中で道に迷い、灯りを頼りに民家を目指す頼光一行。
頼光:楫谷 裕介さん、綱:矢上 正太さん。


~第四幕 横谷神楽団 山姥~

数ある保持演目の中でも、一番自信を持って舞われる山姥。

シンプルな構成で登場人物も少なく、決して派手な演目ではありませんが。

登場人物への愛情が、情緒的な舞に繋がるのでは、とお話されました。



上宿を願った家こそ、山姥の住処。お導きでしょう!
山姥:金子 慶一さん。




上鬼と化す。母子の生きる唯一の術。怪童丸:野村 惇貴さん。



上母の願いが叶う時。頼光の四天王、坂田金時誕生です。



上実るほどに首を垂れる・・・この場面、良いですよね。
後の金時に伝えられる、質実剛健を表す場面かもしれません。




上会場は皆、怪童丸と同じ表情。



上奏楽の皆さんもぐぐっとこらえております。
大太鼓:野村 悠貴さん、小太鼓:仲屋 伸治さん、
手打鉦:井上 広志さん、笛:仲屋 静香さん。




上離れがたい母子、今生の別れ。
山姥って、このあと何処へ行くのでしょう。。。。


後半へ続くっ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.378024秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297795