スナイパー高丸。


上筏津の塵倫の鬼は昔から緋袴。小鬼の赤は印象的です。

第2部 伝統を受け継ぐ

~第三幕 塵倫 筏津神楽団~

たまたま先日、昔の筏津の塵倫の写真を拝見する機会がありまして・・・

大・中・小の鬼の、その魅せ方など、現在とは全く違う雰囲気に驚いてしまいました。

しかも昔から筏津では、漬物桶を改造したマシン(?)で、ドライアイスの演出をされていたそうです。

先輩方の情熱と器用さに感服しますね。

しかし、一方では、競演でも“鬼が3つはおかしい”など、大朝の伝統に理解が及ばなかった時代もあったと言います。
(※3つでない神楽団もあります)

筏津の塵倫の起点は、今田 修さんが35歳で団長に就任された時。

『筏津の塵倫をええもんにする!』

『大朝の塵倫を広める!』と強く誓いを立てられたことから始まります。

時は流れ、早春神楽出演のうち、三回を塵倫で飾られるほど。

何度観ても、何度も観たい大朝・筏津の塵倫です。



上まっこと恐ろしい総大将・塵倫。
仲哀天皇の相手に相応しい風格を備えます。
塵倫:大上(おおうえ)顕男さん。




上そこのあなたを、見ていますよ・・・



上矢が刺さることを『チッカ』『チッカする』などと言うのだそうです。
チクリじゃなくて、グサリという感じですけどねー。




上旧舞の持つ品格と猛々しさ。
仲哀天皇:吉岡秀樹さん、高丸:水口 一真さん。




上雲に隠れた塵倫を、弓矢のご神徳によって退治する。。。
『いや!僕の腕だと思います。』スナイパー高丸こと、水口さんのお話ですにかっ

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.536908秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3287937