武尊の二面性。
ダイヤ寒い日が続きますねダイヤ

明日の月いちは、あたたかくしてお出かけください。

ダイヤでは、湯治村からダイヤ

次に向かった、舞ロードIC千代田の神楽。神楽の梯子って贅沢です。

湯治村でお逢いした方々とも再びお逢いしたりして。

神楽ファンは、こまめですよね音符



上岩見仁美(ひろみ)さん。分かりやすく、楽しいお話で、お客さんと舞台を近づけます。

ダイヤ月に一度開催されるダイヤ

舞ロードIC千代田の“神楽の日”。

この日は大朝から、宮乃庄神楽団の皆さんでした。

「武尊の心がお客さんに伝わる舞を」と一丸となって力を入れておられる伊吹山です。

昨年から続いて拝見する機会に恵まれています四葉



ピンと張りつめた空気に、清々しく響きます。

ダイヤさて、この日司会をつとめられたのはダイヤ

月いちでも、皆さんを玄関で明るくお迎えする、岩見 仁美(ひろみ)さん。

岩見さんは、宮乃庄神楽団の顧問であり。

又、新庄保育所の元園長先生で、現在も新・新・新 紅葉狩で胴をとっておられます。



上伊吹山へと向かう初めの場面。
武尊の生涯最後の戦いは、見る側も切なさを抱えながら鑑賞します。
武尊:石橋 翔誠(しょうま)さん。武彦:大下(おおしも)裕生さん。


岩見さんの伊吹山の解説は・・・

強敵の大鬼神をどう倒すか等、見所を紹介。

そして、武尊が鬼神の毒牙にかかり、身体が衰弱してしまう場面については。

『武尊がよろついたりしますが、決して失敗ではないんですよにひひ

ほのぼのと、舞台と客席の緊張感を解し、開演となりました。



上大鬼神のはじめの姿。
大鬼神:梅田 幸紀さん、手下:前﨑 貴正さん。




上下激しく!又、華やかに決めながら繰り広げられます。





上妖術を操る大鬼神が正体を現します。
鬼:梅田 潤一さん。




上下情け容赦なし!





上自らの最期を知り、武彦の忠誠を労う場面。ここが好きです~。



上『心はいつも虚空を天駆けて 白鳥となりて 帰りたや大和  恋しや』
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.237842秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289109