拍手で舞う。
ダイヤいよいよ新春神楽を結びますダイヤ

「ここからはじまる、神楽の1年」

今年もお正月早々、お越し頂きありがとうございました。

東山神楽団

ご挨拶はもちろん!宮上 宜則団長です。

宮上団長の濃厚な広島弁は、おもてなしのひとつで、一言お話されると会場から拍手が湧き起ります。

この日お話されたのは、三位一体という神楽の醍醐味について。

『お客さんにこうして来て頂いてですの、スタッフがしゃーんと周りを固めてくれんさって、初めて私らぁ神楽団が舞わせてもらえるんですけぇの!』

拘わる3者がそれぞれ主役であること。

そして毎年この舞台をつとめられる感激を、熱を込めて語られました。

『今年も東山の神楽を一生懸命舞いますんで、どうぞよろしくお願いします。』



上従順で可憐な胡蝶が・・・。
胡蝶:山添 譲貴さん。


~第三幕 土蜘蛛~

東山神楽団が、競演大会で初めて入賞した、起点となる特別な演目。

お客さんも「お正月は東山の土蜘蛛」と、待っておられたでしょう。

大きな期待を自分たちの力に変えて、今年もパワー全開でした。



上もとの可愛らしい胡蝶とのギャップが、すごい汗



上華麗。頼光:河月 聡志さん。



上岩屋の奥に、土蜘蛛の目が不気味に光ります。



上これから長~い戦いになりますねにこっ
季武:中谷 克志さん。金時:益田 祐輔さん。




上じっくり、又、激しく!熱い合戦が繰り広げられます。



上お客さんの大きなアンコールに応えて。
土蜘蛛:益田 智也さん。



~第六幕 大江山~

昨年復活されたばかりの大江山。

口上は、先輩方から受け継ぐ台本に習い。

奏楽と舞は、ほぼ今の東山だそうですが、要所要所に昔ながらの所作が取り入れられています。

舞台袖で誇らしそうな宮上団長。『若い団員が、よう研究してくれましたけぇの。見とりゃあ懐かしさがこみあげて来ましての・・・』

末永く、ファンの皆さんと共に育てていかれますように四葉



上都からさらわれてきた、唐絹ちゃん(山添 譲貴さん)。



上三世ヶ託の神のお導きですね。



上問答の場面はいつもドキドキ。緊張しますっ。
頼光:河月 聡志さん、平井保政:中谷 克志さん、綱:益田 祐輔さん。




上豪快!酒呑童子:中原 秀成さん。



上他の鬼たちも、すっかり酒に飲まれてご機嫌さん。



上支配者の最期。



上鬼の面の大きさが、一層、喜びの舞を力強く、華々しく魅せます。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.243693秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3284730