冬のアイスクリーム。
ダイヤ新春神楽まつり、初日を締め括りますダイヤ


横谷神楽団

新春神楽まつり初登場です。

三次市布野町で、昭和60年に本格的に始動し今年30周年を迎えられます。

新年のご挨拶は仲屋 伸治団長です。

では、布野町の自慢からどうぞ~。

『やはり、地元で採れた新鮮な農産物・・・を使ったアイスクリームです。』

アイス?

『道の駅ゆめらんど布野のアイスクリームですね。冬の限定アイスもあって、僕は大好きです。』

さっ寒い(((゚∀゚;)))カタカタ

この時、上野学園ホールの外は、猛吹雪でした。

とはいえ、私もここのアイスは大好き音符特にトマトのシャーベット(夏)はおススメ。

ミルクもバニラもおススメ~!



上武勇誉れ高き頼光と知らずに。。。
山姥:金子 慶一さん、怪童丸:野村 惇貴さん。


ところで、横谷神楽団の皆さんは、この3月7日(土)に30周年の記念公演を開かれます。

仲屋団長の想いを語って頂きました。

『30年前、僕にとっての神楽は趣味でした。しかし今は、神楽は生き甲斐です。一番大切なことは、横谷神楽の灯を消さないこと。守り続けることです。』

若い団員さんが活き活きと舞う横谷神楽団、未来を創る子供神楽への熱心な指導も行われています。

感謝と決意の会です。改めてご案内しますのでご注目ください四葉



上運命の合戦。

~第三幕 山姥~

舞い始めておよそ5年。

母子の心を描くこの舞は特別で、舞う時の気持ちも、他の演目とは少し違うとお話されます。

舞台からお客さんの雰囲気を感じられたそうで。

今年の幕開けの山姥で、達成感と充実感を頂き、30周年の節目の良いスタートとなったと明るい控室でした。



上身の上を明かす山姥。皆が静かに聞き入っています。



上実る程に、と怪童丸に生き方を諭す山姥。



上怪童丸の本気の涙に、母との月日が目に浮かぶような気がして。。



上ついに、今生の別れ。



上これもやはり、八幡の神の導きなんでしょうかねぇ。
頼光:楫谷 裕介さん、綱:矢上 正太さん。



~第六幕 土蜘蛛~

横谷の皆さんの十八番演目です!

新春神楽まつりの初日を締め括る舞として、気持も昂ります。

仲屋団長の抱負は『がむしゃらに、全力で舞います!』

金子 慶一副団長の抱負は『舞と気持ちをひとつに揃えた土蜘蛛を、観て頂きたいです。』



上優雅で美しい・・・
胡蝶:野村 悠貴さん。




上鬼女の色香。ホント綺麗。

2015_0102_164959-DSC05391.jpg

上緊張感とスピード感!



上無念と怒りを、会場のお客さんと共有します。



上太刀を持つ手も揃っていますね。。。
季武:楫谷 裕介さん、金時:矢上 良太さん。




上土蜘蛛(金子慶一さん)の華麗で力強い舞で、初日を結ばれました。

2日めの様子は、来週ご紹介します。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.327328秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3287923