染める。
月月の満ち欠けを追っていると月日が早い月

月齢4。次の満月は1月5日です。



ダイヤ今夜は、神楽の宴・最終演目ですダイヤ

~第六幕 石見神楽保存会 久城神楽社中 大江山~

待ってたよ~の声援と拍手で迎えられる、初登場の久城社中の皆さん。

広島にも多くのファンがいらっしゃいますね。

社中のご紹介は、広報の三浦 洋平さん。

三浦さんはこの日、笛を吹かれたのですが。

ユッキーさんと私、口を揃えて『CDにして欲しい!』情感豊かに染み入る音色でした。。。



上大天狗より、人面鬼毒酒(にんめんきどくしゅ)を授かります。



上ちりとり面。。。“石見の西”を感じます。ふくよかな耳がついています。
頼光(大家 康延さん)、綱(間庭 亮さん)。


ダイヤさて、久城社中の皆さんの大江山ダイヤ

初めてご覧になる方のためのご紹介をして頂きました。

はじめは大きな面で登場する頼光と綱が、山伏姿に変わる際、別の面で登場する、というお話。

又、それぞれの面が持つ味わい。

そして、最期を迎える酒呑童子が言い放つのは。。。

『世に言う鬼人・酒呑童子 たとえこの地に果てるとも 世に悪人の絶えることなし』

益田の奏楽、益田の舞。

盛大ながら、じみじみと余韻を残す大江山です。



上道なき道を切り拓く金時(藤井 夢人さん)。



上面が変わっています。頼光(右)の木彫りの面はたいそう古く、天神等、他の演目にも使用されます。
演じ分けの楽しさをもたらす面です。




上配役では酒呑童子と、手下 鬼。手下の鬼は、特に名が無いのですねぇ。
酒呑童子:大屋 貴志さん。手下鬼:桐田 卓さん・大屋 和希さん。




上人面鬼毒酒に伏せてしまう鬼たちですが、酒呑童子だけはやはり別格です。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.262243秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289761