あっという間。
ダイヤなんと!初日を締め括る2演目となりましたダイヤ

しかも「羅生門」と「戻り橋(後編)」って・・

物語の流れがほとんど同じではないかっ?!

と思いましたが、描き方が違うと印象は全く違いますね。

これも神楽マラソンのひとつのお土産でしょうにひひ



上観衆をじっくり引き付ける婆の舞。神楽人は凄い。
酒吞童子の化身:冨田 雄太さん。


~第十九幕 今田神楽団 《羅生門》~

今年は真倉仁司さんが新団長へと就任され、新生・今田神楽団の記念の年となりました。

この気持ち新たな年に、故郷の祝いの舞台へ望まれるお気持ちは。。。

『うちの羅生門はシンプルな構成、その中で舞子一人一人が輝くように一生懸命舞います。
初めて見て頂く方にも、今田神楽団という名前を憶えてもらえると嬉しいです。』

そして、渡辺綱を舞う森広 洋さんは。

『恋人募集。もうすぐクリスマスじゃけぇ音符

大丈夫。クリスマスは来年も再来年もやってくるよ!

千代田競演・個人賞、改めておめでとうございました四葉



上“鬼の思い通り”を、皆で見守ります。



上ベテランが締める日本最強の鬼たち。
酒呑童子:真倉 仁司さん、茨木童子:大野 真司さん。




上このひとときの“間”のあとの激戦。。。分かっていて、面白い神楽!頼光:竹下 靖彦さん、綱:森広 洋さん。


~第二十幕 本地中組神楽団 《戻り橋・後編》~

今年千代田競演、3位入賞演目です。

見慣れた演目の中に、初めて拝見する演出や設定。。。

神楽人の創作力に感動しました。

さて、控え室にもあと2団体という頃、山田学団長にご挨拶を致しますと。。。

『こんな遅い時間に、お客さんはいるのかと不安でしたが、沢山の方に観て頂けて有難いです。』

ではとりを取られるお気持ちを・・・

『それはもう“頑張るぞーっ”ですにかっ



上腕・奪還プランの幕開けです。
酒呑童子は乳母・白妙に、茨木童子は姫に化身。




上翻弄されながら、敵の手中に落ちてしまう綱。



上腕を取り返して、勢いを増す鬼たち。



上頼光、金時によって窮地を救われた綱。鬼たちとの激戦となりますが・・・



上最後の最後まで、気持ちの込められた舞と奏楽の皆様に(もちろん裏方の皆さんにも!)、労いの拍手です。

神楽マラソン、初日終了致しました~。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
待ってましたっ♪
ダイヤそして時刻は21時を過ぎてダイヤ

濃厚な舞台は続くのです星



上邪気を秘めながら、しっとりと舞われます。

~第十七幕 富士神楽団 《紅葉狩》~

楽しみにしていたのです、山田稔団長の鬼女大王をっ!

( ̄一* ̄)フッフッフ

念願叶いました。

さて、この日が今年の舞いおさめだった富士神楽団の皆さん。一年の集大成として気持ちも弾みます。

『広い旧4町が一緒になって、10周年行事を成功させようという想いが尊い。個人的には1回で終わらずに、何らかの継続が力になると思います。』

山田団長のお話でした~。



上勢い盛んに魅せていきます。鬼女に肩入れいちゃいますねぇ。



上「減り」と「張り」の合戦ですグー



上会場を湧かせる仕掛けくも。
紅葉狩の時は、紅葉柄なんですねっ。



~第十八幕 雄鹿原上組神楽団 《羽白熊鷲》~

代表演目で祝いの舞台を飾ります。

恐ろしさや不気味さの中に、人間くささや愛嬌がのぞく「はじろくまわし」さんは独特の魅力があります。

舞台にかける意気込みを伺ったのは壽老 更太郎団長です。

『うちの舞を、沢山の皆さまに観て頂けることに感謝しています。北広島町の更なる発展を願って舞わせて頂きます。』



上ぐいっぐい来る羽白熊鷲さん、一歩も引かない随身:中束 勇太郎さん。



上壽老団長の『ドウッ』『ドウッ』で鬼の迫力が増していきます。
鬼の足の進め方が面白いっ




上どの場面にも、奥ゆかしさが漂います。



上白熱!
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
好機。
ダイヤいつの間にか時刻は19時半ダイヤ

やはり夜神楽。気分が昂ってきますね~。



上とても仲睦まじい手名槌、足名槌。『じいさぁーん!』『ばあさぁーん!』

~第十五幕 中原神楽団 《大蛇》~

お祝いの席に華やかな大蛇は欠かせないと、皆さんで話し合われたそうです。

『合併した4町は、それぞれが特徴ある神楽の里。神楽を通じて交流していくことは人と町を元気にすると思います。』

旨山 秀男団長のお話です。

又、畳が敷かれた控室には、常に複数の神楽団が待機され、その和やかな様子から。

『こうやって控室を共有することも、お互いの顔を少しずつ覚える良い機会です。
世代と地域を超えて、神楽人同志も色んな話ができるようになると良いですね。』

今回集った皆さんが、何らかのご縁で繋がっていることは、間違いないですよねっグー



上愛嬌たっぷりな大蛇。とても楽しそう!



上巻き巻きおろち団子。神楽団によってホント沢山の型があるんですね。



上大将の頭を切り取る瞬間の、お客さんの拍手のタイミングがバッチリ。神楽の里だわーにかっ


~第十六幕 琴庄神楽団 《土蜘蛛》~

プログラムの集合写真は、崎内俊宏団長を中心にして、団員の皆さんの心からの笑顔。

この写真が、現在の琴庄神楽団そのもの、という印象を受けます。

『10周年という大きな行事に、神楽を主役にして、町が力を注いでくださることに感謝しています。我々はそれに対して、期待に応えていかにゃーいけんと思っています。』

夢中で拝見しました!



上凄み。侍女胡蝶:菊本 靖彦さん。



上指先まで蜘蛛。



上荒々しい魂ですが、圧倒的に美しい~。



上卜部季武:山根 陵さん、坂田金時:沖田将之さん。
場面展開ごとに、舞子さん同士が高め合っている感じがします。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.253635秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3298294