根掘り葉掘り。


上塵倫の面と衣裳を体験させて頂きました。
重たくて重たくて、やっと肩まで手を挙げて、ピースチョキ

同じ面・衣裳でも、着る人によって風格・威厳は全く異なりますね。
この塵倫、パタパタ飛んでいきそうですダッシュ


ダイヤ幕間のお話はダイヤ

広報部長の門出 佳大(よしひろ)さんでした。

およそ8年前、郷之崎に入団されて、いきなり広報部長に就任されましたにひひ

塵倫・竹麿の衣裳で登場された門出さん。

お母様のご実家が郷之崎であることから。

小さいころから見て育った郷之崎に入りたかった、とても自然な流れだとお話をされました。

仕事に、神楽にと忙しい毎日を『嬉しいことです。』と穏やかに語られるのは。

心の中の一番清らかな場所に、色褪せない郷之崎の神楽があるからでしょう。



上竹麿の緊張感と共に、会場の期待感が高まっていきます。
竹麿:門出 佳大さん。


~第2幕 塵倫~

大江山、岩戸、塵倫を十八番演目とされます。

“最もポピュラー”と紹介されるこの演目は。

地域性豊かで、何度見ても飽きることのない奥行を持ち。

又、初めて神楽を見る方は、般若3つの迫力に歓呼の声をあげながら。

子供の様にはしゃぐ、貴重な体験を齎してくれるようです。



上バーン。



上バ、バーンッ。



上どどーん。『おお~っぎょ



上鬼たちの衣装見せ。これが美し~!!



上演者・奏者・裏方が一体になって織りなす舞台です。



上「肩切りの裾を、膝で蹴るように舞え」と教えられる、勝利を寿ぐ舞。

来週の19日(水)の定期公演は

雄鹿原上組神楽団の皆さんです。

塵倫(羽白熊鷲)と八岐大蛇。

塵倫(羽白熊鷲)は、他の神楽団とは少し違っていて興味深いですね。。。

物語の流れはほぼ同じです。初めてご覧になる方にも分かりやすいお話です。

定期公演も、年内は残り6公演。

これからも引き続き!パワフルにお送りしますっ四葉

広島県民文化センター
082-245-2311

18:30開場  19時開演

お待ちしています音符



| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.234761秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297624