ようこそ広島へ。


上県民文化センター前で繰り広げられる、スサさんと大蛇の熱戦。
この隣では、モフモフ悪狐も暴れております。


ダイヤ今週の広島神楽定期公演はダイヤ

郷之崎神楽団の皆さんでした。

この日は、神奈川県から団体のお客様の予定があり。

たまたま演目も、「三浦」と「塵倫」ということで。

相模の国や、鶴岡八幡宮について関連付ける解説文が用意されました。

神楽は、日本全国を旅するような文化ですから。

全国大抵どこから来られても、身近に感じて頂けるのではないでしょうか。



上玉藻前:栗栖 太さん(58歳)
この定期公演の舞子では、最高年齢でしょう?凄いでしょう?!と団員皆さんが誇らしげでした四葉



~第一幕 三浦~

更にこの日は、外国からの団体のお客様も多く。

今日の口上は英語でお願いしますにひひと控室でお話したところ。

『よっしゃ了解・・・ディスイズアペン!

『ディス・イズ・ア・ペンッ!』 と繰り返し練習されていましたが。

ついに三浦の中で“This is a pen”は登場しませんでしたにかっ



上地方の重鎮であった、三浦之介と上総之介。
その二人が力を合わせて戦わなければならないほど、手強い悪狐です。



さて、「山伏」「三浦」の「三浦」。

ざっくり、悪狐伝や黒塚の後半と言えるでしょうか。

郷之崎神楽団は、三浦は、まつりや賑わいには欠かせない演目として、お披露目する機会が多いとのことですが。。

山伏は保持されていないそうです。

台本もないとおっしゃることから。

人から人へ伝わる神楽、伝わり方は、本当に、神楽団それぞれなんだなと思いました。



上弓の名人という伝説には、那須与一の存在が見え隠れ。
三浦之介:宇川 友勝さん、上総之介:栗栖 宏幸さん。




上喜び祝う神ふたり。勇ましさも増していきます。
郷之崎を感じる、特徴的な舞い方ですね~。


続きます。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.236484秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3298378