大将が大将。


上大塚英樹さんの足袋は、奥様が書かれたお名前入り。綺麗に大切に使われる5年もの。・・・良い話ですね~四葉

ダイヤ幕間のお話は坂本伸次団長ですダイヤ

今年は府中や御調など、遠方からの奉納依頼があり。

今までご縁のなかった土地で、自分たちの神楽をどう見て頂けるか不安だったそうですが。

地元の方々の喜んでくださるお顔が何より嬉しくて。

来年の依頼も頂き、神楽をしているからこその、ご縁の喜びをお話されました。



上姫取り、はじまります。『今日もよろしくね。』

~八岐大蛇~

この日は、団員の皆さんが。

“今日は団長が凄いですよチョキ

“団長がやっちゃいますよオッケー

と口を揃えておっしゃるので、何だろうと思っておりました。

その理由は、急遽舞うことになった、最後まで残る大蛇の大将なのでした。

『2年前までは普通に舞っていたから、そんな特別ってほどじゃないけど、体力が心配。』

『他の大蛇との絡みも大丈夫・・・でも体力が心配。』

『舞い始めると自然と体が動くと思うけど、とにかく体力が心配!!

とおっしゃるので、ここでお写真を。



上 『残ってきまーすっ』 残ってらっしゃーいっ



上ちょっと味見してみんさい。



上ほろり。



上舞台の袖の袖まで、爺と婆。

ダイヤところでダイヤ

楚々とした奇稲田姫を舞い、会場の涙を誘った大塚 陸さん。

『(鬼女など)姫にも色々ある中で、奇稲田姫は普通のか弱い姫。美しさや哀しみを舞で表現したい。』

八重西神楽団8代目団長の大塚 省三さん、2代目滝夜叉姫の大塚 和典さん、そして高校1年生の陸さん。

親子3世代、神楽の血は脈々と。。。



上白い大蛇の大将、悠々と登場!
手打鉦の新本 一樹さんが、白の大蛇をものすごーく見てます・・にひひ




上活き活き!絶好調!



上ついにスサVS大蛇大将。



上あーっ坂本団長が~っ汗



上喜び舞。姫の柔らかな舞と、素戔鳴尊の力強い舞で結ばれます。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.300418秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297818